Razer Mouse Bungee V2のレビュー

Razer Mouse Bungee V2にRazer Mamba Eliteを取り付けた様子 PC周辺機器

Razer Mouse Bungee V2のレビューをします。

同製品はマウスのケーブルを吊るすことで、引っかかりや絡まりを解消するためのゲーミングアクセサリです。

Razer Mouse Bungee V2のレビュー

Razer Mouse Bungee V2のパッケージ表側

パッケージは10 x 21 x 7cm。
保証書はシール型になっていて、底面に貼られています。

Razer Mouse Bungee V2のパッケージ裏側

パッケージ裏側に取り扱いの説明が記載されています。

Razer Mouse Bungee V2の製品内容(付属品)

製品内容は本体とシールのみです。

Razer Mouse Bungee V2本体を横から見た様子

本体を横から見た様子。
台座の広い部分は7.5cm幅、狭い部分は4cm幅です。

台座の奥行きは11cm。バネ部分を含めた奥行きは14cm強となります。

バネの高さ(一番上まで)は12cmです。

Razer Mouse Bungee V2にRazer Mamba Eliteを取り付けた様子

Razer Mamba Eliteを取り付けた様子。
バネの一番先からマウスの先までを15cm~25cmにするのが正しい使い方です。

長所

実際に取り回しが良くなる
マウスを左右に動かすとバネが上下して、一定の距離を保ってくれるので、ケーブルの引っかかりや絡まりから解放されます。
安定している
意外と重さがあり、台形型の台座になっているので、普通に使っていれば倒れたり、移動するようなことはありません。

短所

いいお値段
2018/11/01現在、2,800円弱の価格が付けられています。
これは、安いゲーミングマウスなら買える値段です。

思ったこととか

わたしはケーブルが詰まって(余って)、マウスの動きが悪くなるのが嫌なので、実際使ってみてこれはありだなと思いました。

優先度的には低いですが、少しでも快適にゲームをしたい方なら買っても良いでしょう。

ゲーミングマウス関連記事

スポンサーリンク