Macrium Reflect Free Editionでクローンを作成する方法

Macrium Reflect Free Editionの起動画面

無料のバックアップソフト Macrium Reflect Free Editionの使い方を紹介しています。

前回(4回目)は、Macrium Reflect Free Editionで復元する方法を紹介しました。

5回目の今回は、Macrium Reflect Free Editionでクローンを作成する方法を解説します。

クローン作成を使うと、OSのクリーンインストール無しに、環境をコピーすることが可能。
ソフトを入れなおす手間が発生しないので、非常に便利です。

特に、PCのHDDをSSDに交換(引越し)する際に重宝します。

注)デスクトップPCの場合は新しいHDD・SSDを接続するだけで済みますが、ノートPCの場合は外付けのドライブケースが必要です。

スポンサーリンク

クローン作成手順

今回は例として、WindowsがインストールされているSSDをクローンします。

1.Macrium Reflect Free Editionを起動します。

2.バックアップするHDD・SSDの左側にチェックを入れます。
デフォルトでチェックが入っているはずです。

Macrium Reflect Free Editionでクローンを作成する方法(手順)1

3.Clone this diskをクリック。

Macrium Reflect Free Editionでクローンを作成する方法(手順)2

4.Select a disk to clone toをクリック。
クローン先のドライブを選択します。

Macrium Reflect Free Editionでクローンを作成する方法(手順)3

5.Nextをクリック。

Macrium Reflect Free Editionでクローンを作成する方法(手順)4

6.Finishをクリック。

Macrium Reflect Free Editionでクローンを作成する方法(手順)5

7.クローン作業が始まります。
もしダイアログが出た場合は、よく読んで進めて下さい。

8.クローン作業が終了したら、ソフトを閉じます。

クローン作成後の流れ(交換手順)

1.ソフトを閉じた後、パソコンをシャットダウンします。

2.オリジナルのHDD・SSDを外して、クローン先のディスクを装着します。
注)デスクトップなら電源ケーブル、ノートならバッテリーを外した状態で作業してください。

3.装着・交換作業が終了したら、パソコンを起動してください。

補足

オリジナルとクローンを交換した場合、通常ドライブレター(CとかDなど)の変更は必要ありません。

オリジナルがドライブCであれば、クローンもドライブCとして認識されます。
複数ドライブがあった場合でも、問題なかったと思います。

例外は、オリジナルとクローンを両方付けた状態で、パソコン起動しようとした時ぐらいでしょう。

起動時にどちらのOSで起動しますかと聞かれるので、選んでください。
この場合、選んだOSがドライブC、選ばなかった方がドライブD以降として認識されます。

必要であれば、ここでオリジナルのディスクをフォーマットします。

ただし、クローンのOSが起動していることを必ず確認してください。

確認には、ディスクの管理でドライブレターを見る、オリジナルとクローンのディスク容量の違いで判別するといった方法があります。

Macrium Reflect Free Edition関連記事

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索