Google XML Sitemaps 4.0.xからダウングレードする方法

WordPressのアイキャッチ WordPress

Google XML Sitemaps 4.0.xからダウングレードする方法を紹介します。

サイトマップを動的生成する様になった4.0.xからどうも不安定で、ダウングレードを検討する方が出てきそうなので、この記事を書いています。

もし安定しているなら、ダウングレードする必要はありません。

基本的な流れは他のWordPressプラグインと同じですが、最後にサイトマップの再構築を行う必要があります。

スポンサーリンク

手順

ダッシュボード>プラグイン>インストール済みプラグインから、Google XML Sitemapsを停止して削除。

WordPress.org Google XML Sitemapsプラグインページから、以前の安定版3.4.1をダウンロード。

解凍して、google-sitemap-generatorフォルダをFTPソフトでアップロード。
アップロード先は、wp-content/plugins。

ダッシュボード>プラグイン>インストール済みプラグインから、Google XML Sitemapsを有効化。

設定>XML-Sitemapの最下部のリセットをクリック。
(飛んでしまう設定を、デフォルトに戻す為)

設定>XML-Sitemapの最上部のサイトマップを再構築するをクリック。
再設定を行い、最下部の設定を更新をクリック。

これでダウングレードは終了です。

確認

ダウングレード後、FTPソフトで接続してsitemap.xml or sitemap.xml.gzがあればOKです。
デフォルト設定なら両方あります。

4.0.xにアップデートした時にリネームされた、sitemap.backup.xml,sitemap.backup.xml.gzは削除して問題ありません。

追記

2014/04/12追記
サイトマップのパスをデフォルトから変更していなければ、サイトマップの追加は行う必要がありません。

ただ、送信URLの数がおかしくなっている場合は、再構築後にサイトマップの再送信を行ったほうが良いでしょう。

ウェブマスターツール>クロール>サイトマップ>/sitemap.xmlをクリック>サイトマップを再送信で行えます。

2014/04/18追記
形式が入れ子型から、一括表示型に変更されるので、サイトマップの再送信を推奨します。

一時的にウェブマスターツールのインデックスに登録済みが保留になり、0になったように見えますが、実際にインデックスが削除された訳ではなく、表示上だけの問題です。

時間経過とともに正しいインデックス数が反映されます。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク