Google XML Sitemaps 4.0.xからダウングレードする方法

WordPressのアイキャッチ

Google XML Sitemaps 4.0.xからダウングレードする方法を紹介します。

サイトマップを動的生成する様になった4.0.xからどうも不安定で、ダウングレードを検討する方が出てきそうなので、この記事を書いています。

もし安定しているなら、ダウングレードする必要はありません。

基本的な流れは他のWordPressプラグインと同じですが、最後にサイトマップの再構築を行う必要があります。

スポンサーリンク

手順

ダッシュボード>プラグイン>インストール済みプラグインから、Google XML Sitemapsを停止して削除。

WordPress.org Google XML Sitemapsプラグインページから、以前の安定版3.4.1をダウンロード。

解凍して、google-sitemap-generatorフォルダをFTPソフトでアップロード。
アップロード先は、wp-content/plugins。

ダッシュボード>プラグイン>インストール済みプラグインから、Google XML Sitemapsを有効化。

設定>XML-Sitemapの最下部のリセットをクリック。
(飛んでしまう設定を、デフォルトに戻す為)

設定>XML-Sitemapの最上部のサイトマップを再構築するをクリック。
再設定を行い、最下部の設定を更新をクリック。

これでダウングレードは終了です。

確認

ダウングレード後、FTPソフトで接続してsitemap.xml or sitemap.xml.gzがあればOKです。
デフォルト設定なら両方あります。

4.0.xにアップデートした時にリネームされた、sitemap.backup.xml,sitemap.backup.xml.gzは削除して問題ありません。

追記

2014/04/12追記
サイトマップのパスをデフォルトから変更していなければ、サイトマップの追加は行う必要がありません。

ただ、送信URLの数がおかしくなっている場合は、再構築後にサイトマップの再送信を行ったほうが良いでしょう。

ウェブマスターツール>クロール>サイトマップ>/sitemap.xmlをクリック>サイトマップを再送信で行えます。

2014/04/18追記
形式が入れ子型から、一括表示型に変更されるので、サイトマップの再送信を推奨します。

一時的にウェブマスターツールのインデックスに登録済みが保留になり、0になったように見えますが、実際にインデックスが削除された訳ではなく、表示上だけの問題です。

時間経過とともに正しいインデックス数が反映されます。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索