Google検索の結果表示(デザイン)を元に戻す方法

Google検索の結果表示(以前) PCソフトウェア

Google検索の結果表示(デザイン)を以前の状態に戻す方法を紹介します。

2014年3月中旬頃から行われている変更(テスト?)によって、タイトルの下線が無くなり、フォントサイズも変更されました。

これにどうにか下線を追加し、フォントサイズを戻すことで、見慣れた表示にするのが目標となります。

現在の検索結果表示
現在のGoogle検索結果表示

以前の検索結果表示
以前のGoogle検索結果表示

Google側で設定したことを変えることは出来ないので、ブラウザ側で対処します。
対策方法は、手動とアドオン使用の2種類。

FireFoxは、どちらでも行えますが、アドオンの方が分かりやすいと思います。

Chromeは、アドオン使用のみ。
※ChromeでCustom.cssが効かなくなった様なので。

スポンサーリンク

対策方法1(手動)

FireFoxプロファイルフォルダ内のuserContent.cssを編集、追加する方法です。

注)使用OSによってパスが変わる場合があります。
当記事では、Windows 7を使用。

手順

キーボードのWindowsキーとRキーを同時押しします。

ファイル名を指定して実行が立ち上がります。
下記をコピペしてOKをクリック。

%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles\
FireFoxのプロファイルフォルダ表示方法

(英数字の羅列).(プロファイル名) フォルダが表示されるので開きます。

開いた中にchromeフォルダがある場合は、続いて開いて下さい。
無い場合は、chromeというフォルダを自分で作成して開きます。

notepad++などのテキストエディタで以下をコピペして、userContent.cssという名前で保存します。

文字エンコードは、UTF-8です。

@-moz-document url-prefix("https://www.google.co.jp/"),url-prefix("https://www.google.com/"){
h3.r a{
text-decoration:underline !important;
font-size:16px !important;
}
}

保存したファイルを以下のパスに配置して、FireFoxを再起動します。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\プロファイルフォルダ\chrome\userContent.css

これで対策方法1は完了です。
試しに検索してみてください。

対策方法2(アドオン)

ユーザー側で任意にスタイル変更出来るアドオン、Stylishを使用します。

アドオンのインストール手順

FireFox編
ADD-ONS>StylishでFireFoxへ追加をクリック。
FireFoxにStylishを追加する手順01

許可表示が出たら、今すぐインストールをクリック。
FireFoxにStylishを追加する手順02

インストールが終わったら、FireFoxを再起動して下さい。
FireFoxにStylishを追加する手順03

Chrome編
Chromeは、Chromeウェブストア>Stylishで右上の無料をクリック。
ChromeにStylishを追加する手順01

ダイアログが出るので追加をクリック。
ChromeにStylishを追加する手順02

これでStylishのインストールは完了。
Chromeは再起動が必要ないみたいです。

※右上の無料を押した時にGoogleのログイン画面が出る場合は、Chromeウェブストア内でStylishを再検索して下さい。

スタイルの追加

FireFoxの場合
メニューバー>ツール>アドオン>ユーザースタイル>新しいスタイルを書く
or
検索バーの右側のSマーク>スタイルの管理>新しいスタイルを書く
Stylishにスタイルを追加する手順01(FireFox編)

新しいスタイルというダイアログが表示されます。
名前を適当に入力します。(今回はGoogle Searchとしました)
日付を入れておくと、あとで管理しやすいかも。

下記をコピペして、保存をクリック。

@-moz-document url-prefix("https://www.google.co.jp/"),url-prefix("https://www.google.com/"){
h3.r a{
text-decoration:underline !important;
font-size:16px !important;
}
}
Stylishにスタイルを追加する手順02(FireFox編)

これで設定は完了です。
再起動は必要ありません。

Chromeの場合
ブラウザ右上のStylishボタン右クリック>オプション>新しいスタイルを作成
Stylishにスタイルを追加する手順01(Chrome編)

適当に名前を付けて、個別指定をクリック。
Stylishにスタイルを追加する手順02(Chrome編)

次で始まるURLを選択して、下記をコピペ。追加をクリック。

https://www.google.co.jp/

同様に次で始まるURLを選択し、下記をコピペ。

https://www.google.com/
Stylishにスタイルを追加する手順03(Chrome編)

コードに下記をコピペして、保存をクリック。

h3.r a{
text-decoration:underline !important;
font-size:16px !important;
}
Stylishにスタイルを追加する手順04(Chrome編)

これで設定は完了です。
再起動は必要ありません。

まとめ

通常はgoogle.co.jpだけで十分だと思いますが、一応google.comも指定しておきました。
そちらを使っている方もいるかもしれないので。

下線が無くなることに関しては、慣れる可能性もあるので別にありかもと思います。
現時点では、違和感バリバリですが。

大事なのは、フォントサイズが変わったことにより、タイトルが途切れてしまっていること。
ブログ運営側としても、ユーザ側としても、これは正直勘弁して欲しいです。

表示文字数が減ればタイトル付けに悩みますし、情報を探す場合の手掛かりも減ってしまうので。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク