WinRARを5.01に更新したら、かなり高速化されていた件

PCソフトウェアのアイキャッチ PCソフトウェア

ファイルの圧縮・解凍ソフト、WinRARを更新したら、エラく速くなったと感じたのでベンチマークをとってみました。

今回比較したのは、バージョン5.014.11の2つ。
5.01は、2013/12/14にリリースされていたのですが、全然気付きませんでした。

ベンチマーク

10,000個のjpgファイル(1.64GB)を圧縮、解凍するスピードを計測、比較しました。
両方64bit版で、圧縮方法は標準、書庫形式はRAR。

5.014.11
圧縮63秒114秒
解凍23秒27秒
圧縮後サイズ1.41GB1.41GB

まとめ

解凍では少しの差ですが、圧縮はかなり高速化されています。

10,000個のファイルを圧縮する機会はそうそうないでしょうが、通常使用で速くなったことを体感できる位には違いがあります。

ライセンスを持っていれば、更新は無料なので、アップデートしない手はありません
まだの方には更新することをオススメします。

ダウンロードは、WinRAR in Japan or RarLabで行えます。

注意点

WinRAR 5.01には、新たな書庫形式としてRAR5が追加されています。
このRAR5で圧縮された書庫は、対応ソフトでないと解凍できません。

また対応ビューアでないと、RAR5書庫のまま、直接開くことはできません。
※通常のRARで圧縮した場合は問題ありません。

Dropbox Plus 3年版がセール中

通常価格36,000円のDropbox Plus 3年版が、現在24,800円でセール中です。(11,200円お得)

本数+期間限定なのでお早めにどうぞ。

Dropbox Plusのセールページを見る

Youtubeを始めました

メモトラPCチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCqOiuPy6lccc5JO_FQb_3gQ

レビュー動画をコツコツ上げて行くので、ぜひチャンネル登録をお願いします。

スポンサーリンク