WinRARを5.01に更新したら、かなり高速化されていた件

PCソフトウェアのアイキャッチ PCソフトウェア

ファイルの圧縮・解凍ソフト、WinRARを更新したら、エラく速くなったと感じたのでベンチマークをとってみました。

今回比較したのは、バージョン5.014.11の2つ。
5.01は、2013/12/14にリリースされていたのですが、全然気付きませんでした。

スポンサーリンク

ベンチマーク

10,000個のjpgファイル(1.64GB)を圧縮、解凍するスピードを計測、比較しました。
両方64bit版で、圧縮方法は標準、書庫形式はRAR。

5.01 4.11
圧縮 63秒 114秒
解凍 23秒 27秒
圧縮後サイズ 1.41GB 1.41GB

まとめ

解凍では少しの差ですが、圧縮はかなり高速化されています。

10,000個のファイルを圧縮する機会はそうそうないでしょうが、通常使用で速くなったことを体感できる位には違いがあります。

ライセンスを持っていれば、更新は無料なので、アップデートしない手はありません
まだの方には更新することをオススメします。

ダウンロードは、WinRAR in Japan or RarLabで行えます。

注意点

WinRAR 5.01には、新たな書庫形式としてRAR5が追加されています。
このRAR5で圧縮された書庫は、対応ソフトでないと解凍できません。

また対応ビューアでないと、RAR5書庫のまま、直接開くことはできません。
※通常のRARで圧縮した場合は問題ありません。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク