Noctua NH-U12Aのレビュー

Noctua NH-U12Aを正面から見た様子 自作PC

Noctua NH-U12Aのレビューをします。

同製品はNF-A12x25 PWM(約4,200円)を2枚搭載したCPUクーラーで、干渉しにくいことや冷却性能が高めなことが特徴です。

上で書いたとおり、お高いファンが2枚付属するので、本体価格も約13,000円~とお高めになっています。

Noctua NH-U12Aのスペック
対応ソケットIntel LGA1150, LGA1151, LGA1155, LGA1156, LGA2011, LGA2066,
AMD AM4, AM3(+), AM2(+), FM1, FM2(+)
サイズ(ファン込)158 x 125 x 112 mm (H x W x D)
重量(ファン込)1220g

Noctua NH-U12Aのレビュー

Noctua NH-U12Aのパッケージ

パッケージサイズは21.5 x 7.9 x 17cm。
重さは1.9kgあるので、持つとずっしりします。

Noctua NH-U12Aパッケージ上部のシール

パッケージ上部にはサイズ取り扱いで2年保証であることが記載されたシールが貼られています。

ちなみにメーカー保証は6年です。

Noctua NH-U12Aのパッケージを開封した様子

パッケージを開封した様子。
一番上に付属品が入った箱が収められています。

Noctua NH-U12Aがパッケージに収まっている様子

付属品の箱と取り出すと下部にクーラー本体が収まっています。

Noctua NH-U12Aの付属品

付属品は下記。

  • プラスドライバー
  • Intel用の土台 x2
  • Intel用のネジ類
  • Intel用バックプレート
  • AMD用土台 x2
  • AMD用ネジ類
  • 取り付けマニュアル
  • ケーブル類+グリス+ロゴバッジ

付属のドライバーは使いにくいので、別途用意することをオススメします。
わたしはベッセルのドライバー(100mm)を使いました。

Noctua NH-U12Aのケーブル類

ケーブルはローノイズアダプター(回転数を落とすもの)が2本、Yケーブル(2つのファンをまとめるもの)が1本です。

ロゴバッジは金属製でしっかりしています。
付属のグリスはNT-H1です。

Noctua NH-U12Aを正面から見た様子

本体を正面から見た様子。

Noctua NH-U12Aを上から見た様子

上から見た様子。

Noctua NH-U12Aを側面から見た様子

側面から見た様子。
ファンは付属のクリップで固定されます。

Noctua NH-U12Aのヒートシンクを正面から見た様子

ヒートシンク単体を正面から見た様子。
低価格帯のクーラーと比べるとかなりしっかりしていて、見た目も美しいです。

Noctua NH-U12Aのヒートシンク固定ネジの様子

ヒートシンク固定ネジの様子。
ネジを固定する時は上から押し込んで締める必要があります。

Noctua NH-U12Aのヒートシンク底面部

ヒートシンク底面の様子。

Noctua NH-U12Aのヒートシンクとメモリスロットのクリアランス

ヒートシンクをマザーボード(X570 Steel Legend)に取り付けた様子。
メモリスロットとのクリアランスは広めです。

Intel用マザー(LGA1151)はクーラー付属のバックプレート、LGA2066はソケット周りにあるネジ穴を使って台座を作成します。

AMD用マザーの場合はマザーボード付属のバックプレートを使って台座を作る形です。

※マザーボード側にバックプレートが無い場合はNoctuaに連絡すれば、送ってもらえます。

Noctua NH-U12AのヒートシンクとI/Oパネル側のクリアランス

メモリスロット側に比べると狭いですが、それでも余裕があります。

Noctua NH-U12Aのヒートシンクとマザーボード上部ヒートシンクとのクリアランス

ヒートシンク本体とマザーボード上部ヒートシンクのクリアランスを写した様子。

Noctua NH-U12A(ファン付き)とメモリスロットのクリアランス

NH-U12A(ファン付き)とメモリスロットのクリアランスはまだ余裕があります。
仮に4スロット全てに背の高いメモリを取り付けても干渉しません。

Noctua NH-U12A(ファン付き)とI/Oパネル側とのクリアランス

NH-U12A(ファン付き)とI/Oパネル側ヒートシンクとのクリアランスは狭めです。
少し干渉したとしても、ファンの位置を上げれば解決します。

Noctua NH-U12A(ファン付き)とマザーボード上部ヒートシンクとのクリアランス

NH-U12A(ファン付き)とマザーボード上部ヒートシンクのクリアランス。
こちらも問題ありません。

Noctua NH-U12A(ファン付き)とPCIe x16スロットとのクリアランス

NH-U12A(ファン付き)とPCIe x16スロットとのクリアランスも余裕があります。

Noctua NH-U12A(ファン付き)とビデオカードとのクリアランス

NH-U12A(ファン付き)とビデオカードとのクリアランスも余裕です。
ただ、ビデオカードを取り付けた状態でクーラーのファン交換を行うのは難しいかと思います。

冷却性能について

PCを起動してから3分後のアイドル時とOCCTを起動してから3分後(フルロード時)の温度を計測しました。

室温は21.1℃でCPUはAMD Ryzen 7 3800X。
マザーボードはASRock X570 Steel Legendです。

比較対象はクーラーマスター HYPER 212 BLACK EDITIONとなります。

HYPER 212NH-U12A
アイドル時55℃40℃
フルロード時84.38℃77.5℃

アイドル時で15℃、フルロード時で6.88℃の差が付きました。

あとはHYPER 212 BLACKは4,500円~、NH-U12Aは13,000円~であることを加味してどう感じるかです。

1/3の価格であることを考えるとHYPER 212が意外とがんばっているともとれます。

個人的にはCPUが80℃を超えるのは気持ち悪く感じるので、価格が高くてもNH-U12Aの方が好ましいです。

短所

フルロード時はそこそこ音がする
付属ファンのNF-A12x25 PWMはアイドル時は静かですが、フルロードはMAX2000rpmまで上がるので、そこそこファン音がします。
気になる方はローノイズアダプターを使うか、BIOSでファンの回転数を制御しましょう。
価格がお高め
最安価格が13,000円~と、空冷のCPUクーラーとしてはかなりお高めです。

長所

干渉しにくい
120mmファン搭載でシングルタワーなので、マザーボードやビデオカードと干渉しにくいです。
ちなみにマザーボードとの干渉はNoctua公式サイトで確認できます。

思ったこととか

国内外のレビューを見ると、NH-U12Aは冷却性能の高いCPUクーラーだと評価されています。

ただ、Noctuaのフラッグシップモデル NH-D15には負ける感じです。
価格も1,500円ちょっと安かったりするので、PCケース幅や干渉問題がなければNH-D15を選ぶのもありでしょう。

Noctuaのファンの色が嫌だという方は、NH-D15 chromax.blackを選択できます。
※こちらは黒モデルですが、価格はNH-U12Aよりも高いです

スポンサーリンク