【レビュー】Core i9-9900K+虎徹 MarkII環境で温度を計測してみた

Core i9-9900Kと虎徹 MarkIIのパッケージ 自作PC

発熱が大きいと言われているCore i9-9900Kを定番CPUクーラー 虎徹 MarkIIで冷やせるのか気になったのでレビューをします。

この記事では虎徹 MarkIIと簡易水冷クーラーでそれぞれ温度を計測し比較するので、これから買おうと考えている方はぜひ読んでいってください。

テスト条件

今回使用するCPUクーラーは虎徹 MarkIIとEVGA 400-HY-CL28-V1(簡易水冷、280mmラジエーター搭載)です。

パソコン起動して5分経過した時の温度(アイドル時)、OCCT LINPACKを2分回した時の温度(フルロード時)を計測します。

室温は20.1℃。
温度計測はOCCTで読んだものとなります。

使用したCPUグリスはThermal Grizzly Kryonautです。

Core i9-9900Kの温度計測結果

虎徹 MarkII簡易水冷
アイドル時の温度28.63℃28℃
フルロード時の温度73.63℃60.75℃
動作クロック4.5GHz4.7GHz

上記のような結果となりました。

アイドル時はほぼ変わりませんが、フルロードではかなりの差が出る形です。

また、簡易水冷の方は全コア4.7GHzで安定しましたが、虎徹 MarkIIは冷却が追いつかずに(クロックが自動で落ちて)4.5GHzで動作しました。

今回のテストで分かったことのまとめ

普通に使う分には問題無し
常に重い作業(動画エンコードなど)を行うということでなければ、虎徹 MarkIIでも一応冷却可能です。
ただ、気温が低い状態でこれなので、夏場に冷房を付けずに使うのは厳しいでしょう。
ファンがうなる
アイドル時は問題ありませんが、ゲームやベンチマークテストなどをしている時はファンがうなります。
正直言って耳ざわりなレベルなので、ファンの交換をオススメします。
最高のパフォーマンスは発揮できない
虎徹 MarkIIの冷却性能は高くないので、どうしても動作クロックが落ちてしまいます。
常に最高のパフォーマンスを発揮したいのであれば、空冷のハイエンドクーラーや簡易水冷、もしくは本格水冷を選ぶべきです。

Core i9 9900KにオススメのCPUクーラー

空冷のハイエンド帯を選ぶならNoctuaのNH-D15、NH-D15Sあたりがオススメです。

NH-D15の方は空冷でトップクラスの冷却性能ですが、マザーボードやビデオカードによっては干渉します。

NH-D15Sの方は干渉が抑えられたデザインですが、冷却性能はD15より少し下です。

どちらを選ぶかは環境次第となります。

Noctua公式サイト>製品詳細ページ>SERVICEタブ>MAINBOARD COMAPTIBILITYで干渉の有無を調べられるので、そちらを参考にしてください。

簡易水冷クーラーを選ぶのであれば、240mm or 280mm以上のラジエーター搭載モデルがオススメです。

今回はEVGA 400-HY-CL28-V1を使いましたが入手性が悪いので、日本国内ではクーラーマスター、NZXT、Corsair製品あたりが候補になるかと思います。

思ったこととか

せっかくCore i9 9900Kを買ったのに、CPUクーラーをケチってパフォーマンスが落ちるのはもったいない印象です。

可能であれば多めに予算を確保して、高性能なCPUクーラーを使用することをオススメします。

Amazonの商品を2.5%OFFで購入する方法

Amazonギフト券 チャージタイプを購入すると、最大2.5%分のポイントが返ってきます。

Amazonユーザーの方は、ぜひ下記記事をご覧ください。
[最大2.5%OFF]Amazonの商品を少し安く購入する方法

スポンサーリンク