XP-PEN Artist12をレビュー!格安な12インチ液タブ

XP-PEN Artist12本体 PC周辺機器

XP-Pen Artist12のレビューをします。

同製品は8192レベルの筆圧感知に対応している12インチ液タブで、2万円台と格安なことが特徴です。

この記事ではXP-Pen Artist12の各部詳細や接続方法、短所・長所などを紹介していきます。

まずはスペックを確認しましょう。

XP-Pen Artist12のスペック
液晶サイズ11.6インチ
全体サイズ364.11 x 218.87mm
解像度1920 x 1080px
色域72%
コントラスト比700:1
視野角178°
筆圧レベル8192レベル
パネル種類IPS
リポートレート最大266RPS
DPI5080LPI
対応OSWindows,Mac
両利き対応

メーカーページ

XP-Pen Artist12のレビュー

XP-PEN Artist12の外箱

外箱はダンボールで、サイズは39x24x8cm。

底面に型番シールが貼られているのみとなります。
印刷などはありません。

XP-PEN Artist12のパッケージ表側

パッケージは37.5x23x7cmで、厚みのある紙製です。

XP-PEN Artist12のパッケージ裏側

パッケージ裏面には英語でスペックが記載されています。

XP-PEN Artist12のパッケージを開けた様子

パッケージを開けた様子。
多言語で保護フィルムをはがすように注意書きされています。

XP-PEN Artist12の本体下に収まっている付属品の様子

本体の下には付属品が収まっています。

XP-PEN Artist12の付属品

付属品は下記。

  • XP-Pen Artist12本体
  • ACアダプター
  • ペン
  • 替芯8本
  • クイックガイド等
  • クロス
  • 手袋
  • HDMI to Mini DisplayPort変換ケーブル(白)
  • HDMI + USBx2ケーブル(赤・黒)
  • USB延長ケーブル

この他に海外用コンセント変換プラグが3つ入っています(一つ前の画像)が、日本国内居住の方は使用しません。

XP-PEN Artist12本体

本体の様子。

全体のサイズは約36.4 x 21.9cm。
表示領域のサイズは25.6 x 14.4cmです。

XP-PEN Artist12のエクスプレスキー

本体左側にはエクスプレスキーが6個あり、これらにはショートカットを設定できます。

エクスプレスキーの間にあるくぼみはローラーです。
なでることで拡大・縮小を行えます。(デフォルト設定)

XP-PEN Artist12側面のボタン類

左側面の様子。
一番左からUSB Type-C端子、電源ボタン、明るさ調整ボタン(プラス・マイナス)となっています。

XP-PEN Artist12本体裏面

本体裏面の様子。
四隅に滑り止めの足があり、中央には型番が記載されたシールが貼られています。

XP-PEN Artist12のペン単体

ペンの長さは約14cm。
内側のボタンは右クリック、終端には消しゴムが割り当てられています。

マットな質感なので持ちやすいです。
すべったりすることもありません。

接続方法と初期設定について

1.まずケーブル類を接続します。

XP-PEN Artist12の接続方法

上記画像が基本的な接続方法です。

USB Type-Cは本体に、HDMI端子はPCの出力端子に、黒いUSBケーブルはPCのUSB端子に、赤いUSBケーブルはACアダプターに接続してコンセントに挿します。

※きちんと電源供給できるのであれば、赤いUSBケーブルはUSBハブなどに接続してもOKです

2.Artist12本体の電源をオンにします。

3.XP-Pen公式からドライバーをダウンロードしてインストールします。

必要があればPCの再起動を行ってください。

4.デスクトップ上で右クリック>ディスプレイ設定をクリックして設定画面を開きます。

セカンダリ(2番目)のモニターとして認識されていれば、基本設定は完了です。

XP-PEN Artist12の状態をWindowsのディスプレイ設定で確認した様子

通常はプライマリ(1番目)のモニターの右側に表示されます。

XP-PEN Artist12の配置をWindowsのディスプレイ設定で変更した様子

わたしはモニターの右側にウィンドウをドラッグしてサイズ調整する機能をよく使うので、Artist12を下側に配置しています。

XP-PEN Artist12の設定画面(PenTablet)

右下のタスクトレイアイコン、もしくはショートカットからPenTabletを開くと、キャリブレーションやエクスプレスキー(ショートカット)などの設定を行えます。

筆圧について

他の液タブを試していないので正確か分かりませんが、結構力をいれないと感知されないように感じます。

筆圧が弱い方は設定を変更するなどして、対応する必要があるかもしれません。

スタンドに関して

XP-Pen純正のスタンドも販売されていますが、結構お高いのでわたしはサンワサプライ DH-316を購入して使用しています。

サンワサプライ DH-316のパッケージ

サンワサプライ DH-316のパッケージ。

XP-Pen Artist12をDH-316に設置した様子

XP-Pen Artist12をDH-316に設置した様子。

XP-Pen Artist12をDH-316に設置し、側面から見た様子

XP-Pen Artist12をDH-316に設置し、側面から見た様子。
もちろん角度は変更可能です。

液晶保護フィルムに関して

わたしは表面が傷だらけになるのが嫌なので、Perfect Shield XP-Pen Artist 12を購入して貼っています。

保護フィルムを貼っておくと、指紋を拭き取りやすかったりするので便利です。

短所

タッチパネルではない
液晶の表示領域はタッチパネルではないため、指で直接タッチしてジェスチャー操作をすることはできません。
エクスプレスキーやローラーで対応することになります。
色域が72%
趣味で絵を描く分には気になりませんが、色域が72%対応なので厳密な色を出したい方には向きません。
そういった方は別のモデルを検討しましょう。
文字などが小さめになる
11.6インチでフルHD(1920x1080px)なので、等倍表示するとどうしても文字などが小さくなりがちです。
拡大表示することで文字を大きくすることはできますが、そうすると今後は作業スペースが小さくなるので、バランスが難しく感じます。

XP-PEN Artist12で等倍表示した様子

等倍表示(100%)した様子。

XP-PEN Artist12で150%表示した様子

150%で表示した様子。
文字などは大きくなりますが、作業スペースが狭くなるので操作性が落ちます。

長所

遅延を感じない
他社の液タブで描画が遅延するものもありますが、わたしが試した限り、同製品ではそういった現象は発生していません。
レスポンスは良いかと思います。
お絵かき初心者には十分な性能である
わたしはデジタル絵を始めたばかりの初心者ですが、不便と感じたり困ったりすることはなく、とても快適です。
openCanvas7をもらえる場合がある
キャンペーン期間中であれば、多機能ペイントソフト openCanvas7が無料でもらえます。
2019/07/26時点で5千円以上するものなのでお得です。

申し込み方法はAmazonの商品ページに記載されているので、そちらでご確認ください。
格安である
2019/07/06現在の価格は27,500円。
Amazonでは15%OFFクーポンが配布されているので、適用すると23,375円になります。
この価格は液タブとしてかなり格安な部類で、ワコム製品の半額以下です。
視野角が広い
IPSパネルが採用されており、視野角が178°なので、斜めから見ても色の変化が少ないです。

さいごに

わたしは老眼ぎみで小さい文字がツライのと作業スペースが狭いと感じるので、将来的には15.6インチか、22インチモデルにアップグレードしたいなと考えています。

ボーダーランズ3が発売中です

一人称のアクションRPGゲーム ボーダーランズ3が2019/09/13に発売されました。

PC版はEpic Gamesで買うより、Green Man Gamingで購入する方が安いです。

バージョンの違いについては下記記事で紹介しています。
ボーダーランズ3(Borderlands 3) PC版の予約はGreen Man Gamingが安いよ

購入方法については下の記事で解説しています。
Green Man GamingでPCゲームを格安で買おう!購入方法も紹介するよ

スポンサーリンク