EaseUS製ソフトが50%OFFになる割引クーポン

XP-Pen Artist 15.6 Proのレビュー!Wacomと張り合える激安液タブ

XP-Pen Artist 15.6 Proのパッケージ表側

XP-Pen Artist 15.6 Proのレビューをします。

同製品は15.6インチの液タブで、IPSパネル採用であることや88% NTSC(120% sRGB)対応であることが特徴です。

注目のポイントは4つ。

  1. 視差が少ない
  2. ペンがバッテリーレス
  3. 使いやすいサイズ
  4. カーソルの反応が少し遅い

この記事はかなり長めですが、ぜひ最後までお付き合いください。

XP-Pen Artist 15.6 Proのスペック
液晶サイズ15.6インチ
全体サイズ443 x 280 x 12.6mm
解像度1920 x 1080px
色域(NTSC)88%
視野角178°
筆圧レベル8192レベル
傾き検知60°対応
パネル種類IPS
リポートレート≧200RPS
DPI5080LPI
対応OSWindows10/8/7,Mac OS X 10.10以降
両利き対応

メーカーページ

XP-Pen Artist 15.6 Proのレビュー

XP-Pen Artist 15.6 Proの外箱

XP-Pen Artist 15.6 Proの外箱はダンボールで、サイズは51 x 34.5 x 9cmです。

Amazonで購入した場合、これに宛名シールが貼られた状態で届きます。

外箱>内箱(パッケージ)>本体や付属品という状態なので、余程のことがなければ製品に傷が付いたりすることはありません。

XP-Pen Artist 15.6 Proのパッケージ表側

パッケージ表側の様子。
サイズは49.8 x 32.8 x 8cmです。

XP-Pen Artist 15.6 Proのパッケージ裏側

パッケージ裏側には主なスペック・特徴が記載されています。

内箱を出す時はパッケージ表面の紙を横にスライドさせます。

XP-Pen Artist 15.6 Proの内箱を開けた様子

内箱を開けた様子。
黒い四角は緩衝材なので、液晶の表面が傷つく心配がありません。

XP-Pen Artist 15.6 Proの内箱に液タブ本体が収まっている様子

液タブ本体はフィルム(カバー)に包まれています。

余談ですがこのフィルムは薄くて破れやすいです。
わたしは以前使っていたXP-Pen Artist12を開ける時も破いてしまいました。

XP-Pen Artist 15.6 Proの内箱にスタンドが収まっている様子

液タブ本体の下側にはスタンドとコンセントの変換コネクタ、ACアダプターが収まっています。

XP-Pen Artist 15.6 Proの内箱に取説やペンが収まっている様子

もう一段下には取扱説明書とケーブル類、ペン本体が収まっています。

XP-Pen Artist 15.6 Proの付属一覧

付属品は下記。

  • スタンド
  • クイックガイド(取扱説明書)
  • ACアダプター
  • 変換コネクタ 3種類(日本国内では使いません)
  • ペン入れ+替芯8本
  • ペン本体+ペン立て
  • 接続ケーブル(USB Type-C,HDMI,USB x2)
  • USB延長ケーブル
  • 指ぬきグローブ
  • 掃除用クロス

XP-Pen Artist 15.6 Pro本体(フィルムが付いている状態)

液タブ本体には各部名称付きのフィルムが貼られています。

こちらは使用前にはがしてください。

XP-Pen Artist 15.6 Pro本体(フィルムをはがした状態)

液タブ本体からフィルムをはがした様子。
左側にショートカットキー、右側にロゴ、右側面に接続端子とボタン類があります。

XP-Pen Artist 15.6 Pro本体左側のショートカットキー

本体左側のショートカットキーは8個で、中央の赤いリングには拡大縮小などが割り当てられています。

ショートカットキーの割当はタスクトレイのPenTabletから変更可能です。

※リングホイールの中央はボタンではないので、押しても何も起きません

XP-Pen Artist 15.6 Pro本体背面の様子

液タブ本体背面の様子。
左右に大きめの滑り止め、上下中央には小さめの滑り止めが配置されています。

白い四角の部分はシリアルナンバーです。

XP-Pen Artist 15.6 Pro本体を横から見た様子

液タブを横から見た様子。
公称スペックは12.6mmで、結構厚みがあります。

わたしが買った個体は手前の滑り止めゴムが少しズレていました。

XP-Pen Artist 15.6 Pro本体右側面のボタン類

本体右側面の様子。
左から電源ボタン、輝度調整ボタン、USB Type-C端子となります。

XP-Pen Artist 15.6 Proを机に設置した様子

幅140cm x 奥行70cmの机に液タブを設置した様子です。

わたしが使用している机は手前がラウンドして少し短くなっているので、液晶モニターと液タブ本体、キーボードを配置するといっぱいいっぱいになります。

ラウンドしていないタイプの机(奥行70cm)なら、もう少し余裕ができるはずです。

XP-Pen Artist 15.6 Proを設置してCLIP STUDIO PAINT PROを起動した様子

液タブを設置してCLIP STUDIO PAINT PROを起動した様子です。
※画像が暗く、ピンぼけしていてすみません

IPSパネルなので実際は色鮮やかに映ります。
視野角も広く、普通に使う分には色の変化も起きません。

接続方法と初期設定手順

1.最初にケーブル類を接続します。

接続方法は下記の2種類です。

XP-Pen Artist 15.6 Proの接続方法(手順01-1)

1つ目は本体にUSB Type-Cケーブルを接続し、パソコンにHDMIと2個のUSBケーブルを接続する方法です。

こちらは手軽ですが、使用しているUSBデバイスの種類や数によっては高周波音が発生することがあります。

XP-Pen Artist 15.6 Proの接続方法(手順01-2)

2つ目は本体にUSB Type-Cケーブル、パソコンにHDMIと黒のUSBケーブル、赤のUSBケーブルは付属の電源アダプターを使いコンセントに挿す方法。

1つ目の方法よりも安定的に電力を供給できるので、可能であればこちらの接続方法をオススメします。

2.本体の電源をオンにします。

Windows 10の場合、右下に通知が出るのでしばらく待ちましょう。

3.XP-Pen公式サイトからドライバーをダウンロードして、インストールを行います。

インストール手順で特に難しいところはありません。

4.デスクトップ上で右クリック>ディスプレイ設定をクリックして設定画面を開きます。

XP-Pen Artist 15.6 Proの接続方法(手順04)

2のモニターをクリックして、拡大縮小とレイアウトを確認してください。

Windows側の推奨は150%表示ですが、メーカーの推奨は100%です。

まずは100%表示で使ってみて、必要に応じて変更するのが良いでしょう。

XP-Pen Artist 15.6 Proの接続方法(手順04-2)

わたしはウィンドウを両サイドにドラッグしてサイズ調整することが多いので、モニターを縦配置にしています。

5.画面右下のタスクトレイにあるアイコンをクリックして、PenTabletを起動します。

XP-Pen Artist 15.6 Proの接続方法(手順05)

ここではショートカットキーの変更、筆圧調整、キャリブレーションなどを行えます。

必要があれば設定を変更してください。
それが終わったら、初期設定は完了です。

視差と液晶保護フィルムについて

XP-Pen Artist 15.6 Proの視差を撮影した様子

構造上、液タブは視差が発生しますがArtist 15.6 Proはフルラミネート技術が採用されており、視差が少なめになっています。

これまで高級な液タブを使っていた方以外は、おそらく満足できるはずです。

またArtist 15.6 Proは防眩フィルム>保護ガラス>ディスプレイ(液晶面)という構成なので、別途保護フィルムを買う必要がありません。

筆圧について

わたしの筆圧が弱めなのもありますが、初期設定(デフォルト)はやや硬めに感じます。

必要に応じて、タスクトレイのPenTabletから調整しましょう。

CLIP STUDIO PAINTの場合は左上のファイル>筆圧検知レベルの調節でも変更可能です。

スタンドに関して

XP-Pen Artist 15.6 Proを付属スタンドに設置した様子

付属のスタンド(AC 41)に液タブを載せた様子です。
角度は20°固定で調整や変更は行なえません。

多段階で角度調整したい方は別途スタンドを購入しましょう。

XP-Pen純正スタンドはかなりお高いので、わたしはサンワサプライのDH-316を使用しています。

XP-Pen Artist 15.6 Proをサンワサプライ DH-316に設置した様子

Artist 15.6 ProをDH-316に設置した様子。

XP-Pen Artist 15.6 Proをサンワサプライ DH-316に設置し横から見た様子

DH-316は6段階の角度調整が行えます。

長所

視差が少ない
紙+ペン環境のようにゼロ距離にはなりませんが、液タブとしては視差が少ないので違和感なく絵を描くことができます。
バッテリーレス
付属のペンはバッテリーレスなので充電する手間がなく、いつでもすぐに使うことができます。
ちなみに22インチモデルのArtist 22ProArtist 22E Proで採用されているペンは充電式です。
使いやすいサイズ
以前使っていたArtist12(11.6インチ)では等倍表示だと文字が小さい、拡大表示にすると作業領域が狭くなるジレンマがありましたが、Artist 15.6は文字が大きく表示され、等倍表示でも快適です。

老眼ぎみの方が11.6インチを選ぶとかなりツラいので、サイズが大きい15.6インチを選びましょう。
設置場所が確保できない場合はArtist 13.3 Pro(13.3インチ)も有りです。

短所

カーソルの反応が少し遅い
消しゴムを使う時や色を塗る時に極端な早さでペンを動かすとカーソルが少し遅れることがあります。

お絵かき初心者の方は全く問題になりませんが、プロやセミプロでペンを早く動かす自覚がある方はご注意ください。

Artist 15.6との違い

下位モデルのArtist 15.6との違いはショートカットキーの数(8個と6個)や操作ホイールの有無、傾き検知の有無と色域(88%と75%)などとなります。

操作ホイールの有無で作業効率に差が出るので、個人的にはProの方がオススメです。

ワコム Cintiq 16との比較

Artist 15.6 ProCintiq 16
価格安い
(44,828円)
高い
(66,420円)
色域広い
(NTSC 88%)
狭い
(NTSC 72%)
ショートカットキー左側に有り本体には無し
(オンスクリーンコントロールは有り)
筆圧検知8192レベル8192レベル
傾き検知60レベル60レベル
保証期間1年半
(18ヶ月)
1年

XP-Pen Artist 15.6 Proワコム Cintiq 16をスペックで比較すると、価格や色域、保証期間などの違いがあります。

上記の価格は2020/01/30のもので価格差は約21,600円。

現在配布されているArtist 15.6 Proの割引クーポン(20%OFF)を使用すると35,862円となり、価格差は約30,600円まで広がります

まとめ

ワコムが好きな人、中華液晶タブレットに抵抗がある人はCintiq 16を選べば良いかと思います。

わたし個人としては価格が高くてスペックは低め、さらに保証が短いのは許容できなかったので、XP-Pen Artist 15.6 Proを選びました。

性能や使いやすさにも満足できているので、この選択は正しかったです。

まだまだ初心者ですが、これからもコツコツお絵かきを続けたいと思います。

この記事が液タブ選びの参考になれば幸いです。