NVIDIA GeForce Experience 3.0.6.48でビデオカードのLEDを消す(OFFにする)方法

EVGA GTX 1080 SCのLEDが光っている様子 自作PC

NVIDIA GeForce Experience 3.0.6.48でビデオカードのLEDを消す(OFFにする)方法を紹介します。

2016/09/28現在で最新のNVIDIAドライバーは372.90となっており、少し前にGeForce Experienceも新バージョンに更新されました。

以前はNVIDIA GeForce Experience>マイ・リグタブ>LED Visualizerから、LEDのON・OFFが出来たのですが、現在のバージョン(3.0.6.48)では、該当項目が無くなっています。

ただ、旧バージョンでLEDをOFFにしていた場合、設定は引き継がれており、LEDもOFFのままでした。

が、ここに登場したのが、Windows 10のUpdateバージョン1607(Anniversary Update)です。

このアップデートをインストールすることにより、引き継がれていたLED設定が消えてしまいました。

消えてしまったLED設定は再設定するほかありません。
1分ちょっとで終わるので、サクッと再設定してしまいましょう。

NVIDIA GeForce Experience 3.0.6.48でビデオカードのLEDを消す(OFFにする)方法

1.C:\NVIDIA\DisplayDriver\368.81\Win10_64\International\LEDVisualizer\NvLedVisualizer.exeをダブルクリックします。

※ドライバーバージョンの数字部分は環境によって変わる場合があります

2.LED Visualizerが立ち上がるので、LED効果をオフにして、適用をクリックします。

LED Visualizerの設定方法

3.ビデオカードのLEDが消えたことを確認したら、LED Visualizerは閉じて、再設定は完了です。

再設定後にPCを再起動しても、LEDはOFFのままになります。
※厳密に言えば、PCが立ち上がるまではLEDがON、その後はOFFという形です。

補足

新しいPCで、NvLedVisualizer.exeがない場合は、一度古いドライバーを入れてください。

他の方法として、LEDVisualizer_v1.0.0.0.exe単体をダウンロードすることも可能です。
GeForce Experience GeForce GTX LED Visualizer User Guideのコメント欄のリンクからダウンロードして、インストールしてください。

思ったこととか

Windows 10のUpdateバージョン1607(Anniversary Update)を入れて、まだ大して時間は経っていませんが、現時点での印象は悪いです。

LED設定が飛んでしまうこともそうですが、PC起動時のロック画面(パスワード入力の一つ前)が表示されるようになったことにイラッとしています。

以前はグループポリシーか、レジストリを設定することによって無効化できていました。
しかし、Anniversary Updateではその方法が使えません。

新たな設定方法もあるみたいですが、ちょっと抵抗があるので、以前の方法に近いやり方で設定できるようになって欲しいです。

Youtubeを始めました

メモトラPCチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCqOiuPy6lccc5JO_FQb_3gQ

レビュー動画をコツコツ上げて行くので、チャンネル登録をお願いします。

TOEIC対策はスタディサプリ ENGLISH

TOEICの勉強をするなら、スマホアプリで通勤・通学などのスキマ時間を利用するのがオススメです。

参考書とは違い場所も取りませんし、一日数分~数十分勉強すれば、チリツモで少しづつ知識を増やしていけます。

7日間の無料体験も用意されているので一度試してみてはいかがでしょうか?

スタディサプリ公式サイトを見る

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。
概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

無料会員登録をする

スポンサーリンク