ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法

PCソフトウェアのアイキャッチ PCソフトウェア

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法を紹介します。

Microsoft IMEやGoogle日本語入力のような動作にしたいという方は、ぜひ読んでいってください。

あああと打ち込んで、無変換キーを押したら、アアアになるようにするのが、この記事の目標です。

※今回の解説はATOK 2016で行います。

スポンサーリンク

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法

1.デスクトップ上を一度クリックして、Ctrlキー + F12キーを押します。
※ATOKが有効な状態である必要があります

2.ATOKプロパティが開くので、キー・ローマ字・色タブを選択して、キーカスタマイズをクリックします。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順2)

3.キーを検索をクリック。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順3)

4.無変換キーを押します。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順4)

5.無変換キーが選択されます。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順5)

6.無変換と入力中が交わるところをクリック、続けて変更をクリックします。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順6)

7.カタカナ(後)変換を選択して、OKをクリック。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順7)

8.割り当てが変わったことを確認したら、OKをクリック。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順8)

9.適当なスタイル名をつけて、OKをクリック。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順9)

10.新しいスタイル名が選択されていることを確認して、OKをクリック。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順10)

11.メモ帳や検索窓で動作確認を行い、問題がなければ作業終了です。

思ったこととか

無変換キーでカタカナ変換できるものと思い込んでいたので、びっくりしました。
これまでにF7キーで変換したこともなかったですし。

まぁ、記事が一本書けた上に、キーの割り当て方も覚えられたので良しとします。

ATOKの関連記事

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク