シャンプーに適したシャワー温度を計る方法を君は知っているか?

手首の内側 その他

冬場にシャワーで頭を濡らしたら、想像以上にお湯が温まってなくて、冷たい思いをしたなんて経験ありますよね?

実はとある方法を実践するだけで、そんなアクシデントを避けられるんです。

というわけで、この記事ではその方法を紹介します。
とても簡単なので、ぜひ読んでいってください。

冷たい思いをするメカニズム

多くの人はお湯の温度を計る時に、手のひらや手の甲を使っているでしょうが、そこが間違っています

手のひら・甲で感じる温度と頭皮が感じる温度には、元々ギャップがあるので、お湯の温度を計るのに適していません

更に冬場は下記のようなパターンにハマりがちです。

手が冷えているので、お湯を熱く感じる

実際のお湯はぬるい状態

頭にかけて、寒い思いをする

シャンプーに適したシャワー温度を計る方法

じゃあ、どこで計ればいいのさ?という話になるので、正解を発表します。

シャンプーに適したお湯の温度を計るのに、最も良い場所は手首の内側です。

手首の内側

何故、適しているかというと、頭皮で感じる温度とのギャップが少ない場所だから。
美容師がお客様にシャンプーをする時にも、手首の内側でシャワー温度を計ります。

いやいや、美容室でもお湯がぬるい時あるよと思うかもしれませんが、それはただこの方法を知らないだけでしょう。

さいごに

せっかくなので、今夜は手首の内側で温度を計ってから、シャンプーしてみて下さい。

もう春先なので体感しにくいかもしれませんが、これを習慣化しておけば、きっと冬場に役立ちます。

注意点

この方法は、あくまでシャンプーに適したお湯の温度を計るものです。

アッツアツのお湯をいきなり手首の内側に当てるのは危険なので、絶対に止めて下さい。

Youtubeを始めました

メモトラPCチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCqOiuPy6lccc5JO_FQb_3gQ

レビュー動画をコツコツ上げて行くので、チャンネル登録をお願いします。

TOEIC対策はスタディサプリ ENGLISH

TOEICの勉強をするなら、スマホアプリで通勤・通学などのスキマ時間を利用するのがオススメです。

参考書とは違い場所も取りませんし、一日数分~数十分勉強すれば、チリツモで少しづつ知識を増やしていけます。

7日間の無料体験も用意されているので一度試してみてはいかがでしょうか?

スタディサプリ公式サイトを見る

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。
概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

無料会員登録をする

スポンサーリンク