シャンプーに適したシャワー温度を計る方法を君は知っているか?

手首の内側

冬場にシャワーで頭を濡らしたら、想像以上にお湯が温まってなくて、冷たい思いをしたなんて経験ありますよね?

実はとある方法を実践するだけで、そんなアクシデントを避けられるんです。

というわけで、この記事ではその方法を紹介します。
とても簡単なので、ぜひ読んでいってください。

スポンサーリンク

冷たい思いをするメカニズム

多くの人はお湯の温度を計る時に、手のひらや手の甲を使っているでしょうが、そこが間違っています

手のひら・甲で感じる温度と頭皮が感じる温度には、元々ギャップがあるので、お湯の温度を計るのに適していません

更に冬場は下記のようなパターンにハマりがちです。

手が冷えているので、お湯を熱く感じる

実際のお湯はぬるい状態

頭にかけて、寒い思いをする

シャンプーに適したシャワー温度を計る方法

じゃあ、どこで計ればいいのさ?という話になるので、正解を発表します。

シャンプーに適したお湯の温度を計るのに、最も良い場所は手首の内側です。

手首の内側

何故、適しているかというと、頭皮で感じる温度とのギャップが少ない場所だから。
美容師がお客様にシャンプーをする時にも、手首の内側でシャワー温度を計ります。

いやいや、美容室でもお湯がぬるい時あるよと思うかもしれませんが、それはただこの方法を知らないだけでしょう。

さいごに

せっかくなので、今夜は手首の内側で温度を計ってから、シャンプーしてみて下さい。

もう春先なので体感しにくいかもしれませんが、これを習慣化しておけば、きっと冬場に役立ちます。

注意点

この方法は、あくまでシャンプーに適したお湯の温度を計るものです。

アッツアツのお湯をいきなり手首の内側に当てるのは危険なので、絶対に止めて下さい。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索