巨大キューブ型PCケース Thermaltake Core X9のレビュー

Thermaltake Core X9正面 自作PC

巨大キューブ型PCケース Thermaltake Core X9のレビューをします。
購入を検討中の方は、ぜひ読んでいってください。

まずはスペックの紹介から始めます。

Thermaltake Core X9(CA-1D8-00F1WN-00)のスペック
対応マザーボード規格 Extend ATX,ATX,Micro ATX,Mini ITX
5.25インチベイ(オープン) 3
2.5/3.5インチシャドウベイ 6+1(+1は電源の上側)
拡張スロット 8
サイズ(H x W x D) 502 x 380 x 640 mm
重量 17kg
付属電源 なし

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

レビュー

Thermaltake Core X9の化粧箱

とりあえず箱がデカイです。(縦55.5 x 横45.8 x 高73.0cm)
上に載っているのはビデオカードの化粧箱。

Thermaltake Core X9の側面(アクリルパネル側)

箱から取り出すとこんな感じです。
サイドパネルは、左右同じ形状なので、入れ替えが可能。

アクリルが波打っているのは、まだシールを剥がしていないからです。

Thermaltake Core X9のボタン・USBポート

スイッチとUSB3.0ポートなども、左右入れ替えが可能。
※再配線の必要はあります。

USBポートが縦に並んでいるので、デバイス同士が干渉しません。
ただ、一般的なUSBポートと上下逆なので、USBメモリなどのアクセスランプが下向きになる場合があります。

Thermaltake Core X9アクリルパネルのバリ

サイドパネル(アクリル)の内側の様子です。
この個体だけかもしれませんが、バリがあります。
※ピンぼけですみません

Thermaltake Core X9天板を外した様子

天板を外した様子です。
12cmファンなら8つ、14cmファンなら6つ付けられます。
20cmファンも搭載可能。

Thermaltake Core X9天板・ファン取付金具を外した様子

ファン取り付け用の金具を外した様子です。
メンテナンスはこの状態で行うのがベストでしょう。

Thermaltake Core X9の背面

ケース背面の様子です。
キーボードの盗難防止用ケーブルホール、拡張スロットのガードがあります。

前者はあっても別に構いませんが、後者はハッキリ言って邪魔です。

拡張スロットのネジを勝手に回せないにする思惑(盗難防止?)があるみたいですが、ガードもハンドスクリューで止められているので、あまり意味がありません。

もちろん時間稼ぎにはなるでしょうが。

電源は2基搭載可能。
ただ、電源を固定する金具は1つしかついていないので、何かで代用する必要があります。

Thermaltake Core X9の底面

ケース底面の様子です。
後ろ側(右側)の底面にはダストフィルターが付いていますが、前側(左側)は筒抜け。

Thermaltake Core X9のフロントパネルを外した様子

フロントパネルを外した様子。
ネジ止めはされていないので、前側に引っ張るだけで取り外しできます。

5.25インチベイは、ハンドスクリューをとれば、取り外しが可能。

デフォルトのフロントファンは20cmですが、12cmや14cmにも取り替えられます。

Thermaltake Core X9のフロントパネル裏側

フロントパネルの裏側です。
全面にダストフィルターが付いているので、ホコリをよく止めてくれます。

Thermaltake Core X9のHDD・SSDケージ

HDD,SSDケージの様子。

3.5インチの固定はツールフリー。
赤枠内の固定具を外して、HDDを取り付け、固定具を挿し込むだけ。

2.5インチは、裏からネジで固定します。

Thermaltake Core X9のケージにHDDを取り付けた様子

実際にHDDを取り付けた様子。
ケージのフレームがあるので、L字のSATAケーブルを取り付けるのは難しいです。

Thermaltake Core X9にE-ATXマザーボードを取り付けた様子

E-ATXのマザーボードを取りつけた様子です。

Thermaltake Core X9にPCパーツを組み込んだ様子

パーツを組み込んだ様子です。
マザーボードが床と平行なので、ビデオカードの重みによる歪みを気にする必要がありません。

CPUクーラーの高さは250mmまで、ビデオカードの長さは590mmまで、電源は220mmまでとなっています。

空間は広いですが、配線をまとめるのは難しめです。
私はあきらめました。

Thermaltake Core X9のHDDケージ(ケーブル接続後)

HDDケージに配線した様子。
コネクタがケース内部に入るので、接続しにくいです。

Thermaltake Core X9の付属品

付属品は少なめで、マニュアルとケーブルタイ、ハンドスクリュー、ネジ類、ビープスピーカー、なんかの金具となっています。

総評

ケース内は広く、自由度は高いですが、万人にはオススメしにくいです。
まぁ、こんなデカイPCケースをライトユーザーが買うとは思えませんが。

サイドパネルを開けただけでは、カード交換が難しく、結局天板を外すことになる点は、正直面倒くさい。
パーツ交換を頻繁に行う方には向きません。

値段(購入時の価格は23,522円)の割に精度が悪く、サイドパネルを閉めにくいのも残念。

こういうネガティブな点をのめて、かつ明確な意思を持っている方にだけ、Thermaltake Core X9をオススメします。

ファンを沢山積んでとにかく冷却したいとか、スタック(二段積み)してドカンと水冷するんじゃとか、お気に入りのプラモ・フィギュアを飾るんだとか、やりたいことが決まっているユーザーは楽しめるでしょう。

ただ、私のようにボンヤリとしたユーザーが衝動買いすると、ガッカリしてしまうかもしれません。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク