Windows 8.1でユーザーアカウント制御(UAC)を完全に無効にする方法

PCソフトウェアのアイキャッチ

Windows 8.1でユーザーアカウント制御(UAC)を完全に無効にする方法を紹介します。

コントロールパネル>ユーザーアカウント>ユーザーアカウント制御設定の変更で、スライダーを一番下に変えたのにプログラムが動いてくれない、そんな時にお試し下さい。

私の場合は、桜時計(時刻合わせソフト)が動かなかったので、一時的にUACを完全に無効にしました。

スポンサーリンク

ナビゲーションと注意点

UACを無効にする方法は2つあります。

Windows 8.1 無印をお使いの方は設定手順1を、Professional,Enterpriseをお使いの方は設定手順2をお読み下さい。

作業は自己責任の元で行って下さい。

設定手順1 レジストリを変更する

1.Windows + Rキーを押します。

2.regeditと入力して、Enterキー。
レジストリエディターが起動します。

レジストリエディターでWindows 8.1のUACを完全に無効にする手順1

3.下記レジストリキーの上で右クリック>修正。

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\policies\system\EnableLUA

レジストリエディターでWindows 8.1のUACを完全に無効にする手順2

4.値のデータを0にして、OKをクリック。

レジストリエディターでWindows 8.1のUACを完全に無効にする手順3

5.コンピューターを再起動して、設定は完了です。

再度、UACを有効化する場合は、値のデータを1にして再起動を行います。

設定手順2 ローカルセキュリティーポリシーを変更する

1.コントロールパネル>管理ツール>ローカルセキュリティーポリシーを開きます。

ローカルセキュリティーポリシーでWindows 8.1のUACを完全に無効にする手順1

2.ローカルポリシー>セキュリティーオプション>ユーザーアカウント制御:管理者承認モードですべての管理者を実行するを探します。

ローカルセキュリティーポリシーでWindows 8.1のUACを完全に無効にする手順2

3.右クリック>プロパティ>無効にチェック>適用>OKの順にクリック。

ローカルセキュリティーポリシーでWindows 8.1のUACを完全に無効にする手順3

4.コンピューターを再起動して、設定は完了です。

再度、UACを有効化する場合は、有効にチェック>適用>OKをクリックして再起動を行います。

スポンサーリンク