20W対応でXiaomi純正のQiワイヤレス充電器をレビュー

Xiaomi MDY-10-EPを前から見た様子 ハードウェア

Xiaomi純正のQiワイヤレス充電器(MDY-10-EP)をレビューをします。

同製品の最大の特徴は、20W対応で高速充電できること。

Xiaomi純正ですが、Qi規格に対応している端末であれば、他社のスマホやタブレットも充電できます。
※iPhoneやSamsung GalaxyなどもOKです

注目ポイントは下記の3つ。

  1. 充電が超高速である
  2. コンパクトである
  3. ファンの音が少し気になる

GearBestで見る

Xiaomi純正のQiワイヤレス充電器(MDY-10-EP)をレビュー

まずは開封の儀から始めます。

Xiaomi MDY-10-EPのパッケージ

パッケージサイズは11.2 x 11.2 x 2.3cmで、紙製です。

Xiaomi MDY-10-EPのパッケージ裏側

パッケージ裏側にはスペックが中国語で書かれています。
開封はミシン目を取って行うタイプです。

Xiaomi MDY-10-EPの製品内容(付属品)

製品内容(付属品)は下記の4つです。

  • ワイヤレス充電器本体
  • プラケース
  • クイックガイド
  • 保証書

充電器やUSBケーブルは付属しないので、別途用意する必要があります。

Xiaomi MDY-10-EPを前から見た様子

本体を前から見た様子。
中央の黒い穴はインジケーターで、充電中(端末を置いた状態)は緑のランプが付きます。

Xiaomi MDY-10-EP本体後方の様子

本体後方の様子。
接続端子はUSB Type-Cです。

Xiaomi MDY-10-EPの底面

底面にもスペックが中国語で記載されています。

Xiaomi MDY-10-EP底面横にある通気用の穴

底面の横にある穴は通気用です。
充電時は内部にあるファンが回り、排熱されます。

※アイドル時はファンが止まった状態です

Xiaomi MDY-10-EPの上にスマホケースを置いた様子

スマホのケースを充電器の上に置いた様子です。

本体のサイズは直径10cm x 高さ2cm程度なので、机の上に置いても邪魔になりません。

Xiaomi MDY-10-EPにUSBケーブルと有線充電器を接続した様子

使用する場合は、ワイヤレス充電器→USBケーブル→有線充電器→コンセントになります。

画像の有線充電器(Xiaomi Mi 9付属のもの)はコンセントの形状が違うので、変換プラグを使用しています。

充電速度について

Xiaomi Mi 9(3200mAh、20Wワイヤレス充電対応)のバッテリーを36%から100%まで充電するのにかかった時間は、たった63分でした。

※Xiaomiの27W対応有線充電器(型番:MDY-10-EH)と組み合わせた結果

これなら十分実用レベルというか、メチャクチャ速いので、有線で充電する必要はないかなと思います。

何より、充電時にケーブルを抜き挿しする必要がなく、置くだけで済むのは楽ちんですし。

注意点としては、充電速度(ワット数)が端末や有線充電器に依存することが挙げられます。

今回は20Wワイヤレス充電対応のXiaomi Mi 9、ワイヤレス充電器、27Wの有線充電器を使用したので、フルスピードで充電できました。

仮にスマホや有線充電器が15Wまでの対応だと20Wで充電することはできず、15Wまでしか出ません。
その分、充電速度も遅くなります。

短所

ファンの音が少し気になる
うるさくはないのですが、シューという音が鳴っているのが分かるくらいにはファンの音がします。

長所

充電が超高速である
上で書いたように超高速で充電できます。
わたしは置くだけで充電できる便利さに慣れてしまったので、有線での充電にはもう戻れないです。
コンパクトである
小さく邪魔になりませんし、重さも100g程度なので、持ち運びが可能です。

購入について

Xiaomi純正のワイヤレス充電器はGearBest、もしくはAmazonで購入可能です。

ただ、Amazonの方は割高で、到着までに時間がかかります。

GearBestだとワイヤレス充電器と27W対応有線充電器を一緒に買っても、価格は同じくらいなのでお得です。

GearBestの購入方法は↓の記事で解説しています。
GearBestでスマホやPCなどを購入・個人輸入する方法

Xiaomi Mi9や27W対応有線充電器のレビューも書いているので、関連記事を合わせてご覧ください。

Xiaomi Mi 9の関連記事

スポンサーリンク