[レビュー] 1万円超えのオーディオ用USBケーブル オヤイデ d+USB classS rev.2を買ってみた

オヤイデ d+USB classS rev.2本体

以前、安ケーブルとBelkinのオーディオ用ケーブル(約2,000)円で音質を比べてみましたが、その時はよく分からないという結果に終わりました。

最近気になってきたのは、もっと高いケーブルに変えたら、差が分かるのだろうかということ。

そこで、今回は奮発して1万円超えのオーディオ用USBケーブル オヤイデ d+USB classS rev.2 2mを買ってみました。

清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入したので、これで差がでなかったら、ちょっとツラいです。

それでは行ってみましょう。

スポンサーリンク

オヤイデ d+USB classS rev.2のレビュー

オヤイデ d+USB classS rev.2のパッケージ表側

パッケージ表側の様子。

オヤイデ d+USB classS rev.2のパッケージ裏側

パッケージ裏側の様子。

オヤイデ d+USB classS rev.2本体

本体を取り出した様子。
過去に使ったどのUSBケーブルよりも重く、ずっしりしています。

オヤイデ d+USB classS rev.2本体(Type A側)

USB Type A側の様子。

オヤイデ d+USB classS rev.2本体(Type B側)

USB Type B側の様子。

オヤイデ d+USB classS rev.2本体(ケーブル部分)

ケーブルのたいらな部分には、Created By Oyaideなどと記載されています。

音質について

肝心の音質ですが、一音一音の輪郭が少しはっきりした気がします。
ただ、ブラインドテストをやったら、わたしには判別できないレベルの差ですし、思い込みの線も捨てきれません。

劇的な音質向上があるとは思っていませんでしたが、やはり残念な結果となりました。

使用環境は下記。
自作PC → USBケーブル → OPPO HA-1beyerdynamic T1 2nd Generation

良いところ

ケーブル自体はしっかりしている
かなりしっかりしたフラットケーブルなので、無理やり曲げたりしない限りは断線しないかと思います。
途切れることが無くなった
前のケーブル(Belkin)はダメになりかけていたのか、プチッと一瞬音が途切れることがありましたが、オヤイデの方に変えてからはそれがなくなりました。

残念なところ

取り回しがよくない
少し固めなので、好きな角度に曲げるのは難しいです。

思ったこととか

今後、わたしがお高いオーディオケーブルを買うことはありません。
そう感じるぐらいの、やっちゃった(後悔した)買い物でした。

わたしと同様に残念耳をお持ちの方には、同ケーブルをオススメしません。
きっと体感できないでしょうから。

逆に超絶良い耳をお持ちの方には、ぜひチャレンジして欲しいと思います。
そして、感想をブログなどで公開してくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索