高クロックのCPU Intel Core i7 7700K(Kabylake)のレビュー

Intel Core i7 7700Kとi7 5820Kのパッケージを並べた様子 自作PC

Intel Core i7 7700Kのレビューをします。

KabyLakeは第7世代のIntel CPUです。(第6世代はSkyLake)
特徴としては、メモリがDDR4-2400対応になったこと、ベースクロックの上昇などが挙げられます。

Core i7 7700Kのスペック
コア数・スレッド数 4コア8スレッド
ベースクロック(ターボブースト) 4.2GHz(4.5GHz)
キャッシュ 8MB
最大メモリーサイズ 64GB
対応メモリ DDR4-2400
TDP 91W
グラフィックス Intel HD Graphics 630
対応ソケット LGA1151

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

Intel Core i7 7700K(Kabylake)のレビュー

Intel Core i7 7700Kとi7 5820Kのパッケージを並べた様子

パッケージはCore i7 5820Kのものより小さめです。

Intel Core i7 7700Kの製品内容

製品内容は、CPU本体、冊子、i7ロゴシールのみ。
CPUクーラーは付属しません。

Intel Core i7 7700Kの厚さをデジタルノギスで計測した様子

基板の厚さは0.8mm。
Skylakeの時と厚さは変わらないので、CPUクーラーの取り付けには注意が必要です。

性能比較(ベンチマーク)

CINEBENCH R15(CPUベンチマーク)、3DMark Fire Strike(ゲームベンチマーク)を使い、Core i7 5820K(6コア12スレッド 3.3~3.6GHz LGA2011-3)と性能比較を行いました。

7700K 5820K 補足
CINEBENCH R15 871cb 985cb 大きい方が優秀
Fire Strike 15302 15121 大きい方が優秀

消費電力について

アイドル時とFire Strike実行時の消費電力(システム全体)を計測しました。
計測にはSANWA SUPPLY TAP-TST8を使用。

7700K 5820K
アイドル時 52W 75W
ベンチマーク時 260W 280W

※ビデオカード(GTX 1070)や拡張カード、ストレージ・光学ドライブなどの環境は全て同じ、CPUとマザーボードだけが違う状態です。

温度について

アイドル時とTMPGEnc Video Mastering Works 5でのエンコード時の温度を計測しました。
計測にはCoreTempを使用。
各コアの温度を合計してコア数で割り、平均温度を出しています。(室温16.5℃)

7700K 5820K
アイドル時 31.5℃ 17.83℃
エンコード時 56℃ 34.83℃

長所

消費電力が下がった
Core i7 5820K(TDP140W)と比べると約20W下がる結果となりました。
電気代を節約をする為に7700Kに乗り換えたので、良かったです。

短所

CPUの温度が高い
正直、こんなに温度が高いとは思いませんでした。
この調子だと夏場の温度が心配になります。

わたしは勇気がないのでやる予定はありませんが、殻割りする人の気持ちがちょっと分かりました。

思ったこととか

第一目標であった消費電力の減少は達成できたので、まぁまぁ満足しています。
体感面でも特に変わったこともありません。

わたしの用途ではメインストリームのCPUで充分なことも分かりましたし、AMDのRyzenやSkyLake-X、KabyLake-Xは今のところパスの予定です。

メチャクチャ体感が速くなるとか、面白い機能が搭載されるとかであれば別ですけど。

PCショップで見る

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク