Intel Core i7 5960X,5820K,3930Kの性能を比較してみた

Core i7 5960Xと5820Kのパッケージ

この記事では、Intel Core i7 5960X,5820K,3930Kの性能を比較します。

ベンチーマークソフトやエンコードソフトで性能を計測、比較レビューしていくので、Haswell-Eが気になっている方はぜひ読んでいってください。

まずは、各CPUのスペックをおさらいします。

スペック比較
i7 5960Xi7 5820Ki7 3930K
ソケットLGA2011-v3LGA2011-v3LGA2011
コア/スレッド8/166/126/12
クロック3.0~3.5GHz3.3~3.6GHz3.2~3.8GHz
キャッシュ20MB15MB12MB
TDP140W140W130W
メモリー4ch DDR44ch DDR44ch DDR3
PCIeレーン数402840
アーキテクチャHaswell-EHaswell-ESandybridge-E

i7-5960Xの製品仕様(Intel ark)
i7-5820Kの製品仕様(Intel ark)
i7-3930Kの製品仕様(Intel ark)

スポンサーリンク

ベンチマークでの性能比較

<測定環境>
5960X,5820Kは、DDR4-2400 16GBのメモリを使用。
3930Kは、DDR3-2133 16GB。

両方共オーバークロックは無し、ターボブーストは有りで計測。
ビデオカードは、EVGA GeForce GTX 780 Ti Dual Classifiedを使用。

補足

5960Xと3930Kのベンチマーク結果は、2014年9月末に計測したものです。
(エンコードを除く)

5820Kは2015年3月に買い足して計測しているので、ドライバー環境は完全に一致していません。
その為、思わぬ差が出ている場合があります。

それをご了承の上で、記事をご覧下さい。

エンコード

30分29秒のTSファイル(3.36GB)のエンコード時間を計測します。
解像度は1440×1080。

使用ソフトはTMPGEnc Video Mastering Works 5
フィルタ・出力設定は同じ。

時間が短い方が優秀。

5960X5820K3930K
タイム14分00秒14分45秒未計測

あまり差が付きませんでした。
TVMW5だとCPUを100%使い切れないのが理由でしょう。

x264単体+フィルタ無しで計測すれば、もっと差がつくと思われます。

CINEBENCH R15

スコアが大きい方が優秀。

5960X5820K3930K
スコア1387cb1068cb971cb

CINEBENCH R15では、コア数の差が大きくでました。
5960Xは、ベンチマーク終了までの所要時間がかなり短かったです。

Hyper PI

1Mと8Mで計測した平均タイム。
時間が短い方が優秀。

5960X5820K3930K
1M13.583秒14.661秒13.102秒
8M2分24秒6402分43秒9052分33秒990

1Mでは3930K、8Mでは5960Xが勝つという結果になりました。

Heaven Benchmark 4.0

PresetのExtremeを使用。
スコアが大きい方が優秀。

5960X5820K3930K
FPS82.479.381.8
Score207619982060
Min FPS28.08.925.1
Max FPS184.4175.2185.9

Heaven Benchmarkはビデオカードの性能に依存するソフトなので、差が出にくいはずなのですが、5820Kが劣る結果になりました。
たぶん、Nvidiaのドライバーの違いによるものでしょう。

3D MARK

スコアが大きい方が優秀。

5960X5820K3930K
Ice Storm164329129138152452
Cloud Gate369952943329362
Sky Diver335523126129913
Fire Strike112711115610986

5820KのIce Storm以外は、順当な結果となりました。

まとめ

私は、Core i7 3930K → 5960X → 5820Kの順番で乗り換えました。

5960Xを買った理由は、8コア16スレッドを試したかったから。
8コア16スレッドのタスクマネージャーには満足しています。

Intel Core i7 5960Xのタスクマネージャー

ただ、私の用途ではオーバースペックだったようです。
ゲームはやりますが、エンコードはあまりしませんし。

そういうわけで、5820Kに乗り換えました。
正直な所、体感差はありません

5960Xを処分して浮いたお金で、ビデオカードを新調したいと思います。

さいごに

3D・動画・画像編集をゴリゴリやる人は5960Xを選べば良いかと思います、8コア16スレッドの恩恵を体感できるでしょうし。

フルレーンでSLI/CrossFireをしたいなら5960X or 5930K。
シングルビデオカードなら5820K or 4790Kでも十分です。

Ivy-EやSandy-Eの6コアを使っている方は、Haswell-Eに乗り換える意味が薄いかもしれません、シングルスレッド性能はちょっとしか伸びていないので。

チップセットを更新したいとか、M.2を使ってみたいとかなら別ですが、そうでないなら2016年に登場予定のBroadwell-E?を待つという手もありでしょう。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索