SoundPEATS Truengine Bluetoothイヤホン Q42のレビュー

SoundPEATS Truengine Bluetoothイヤホン Q42本体 ハードウェア

SoundPEATS Truengine Bluetoothイヤホン Q42のレビューをします。

同製品は左右分離型の完全ワイヤレスなイヤホンで、Bluetooth 5.0やIPX6防水に対応していることなどが特徴です。

※この記事は製品を提供していただき、執筆しています

スポンサーリンク

SoundPEATS Truengine Bluetoothイヤホン Q42のレビュー

SoundPEATS Truengine Bluetoothイヤホン Q42のパッケージ

パッケージサイズは10.4×7.4×6.1cm。

表面にはBluetooth 5.0対応、デュアルドライバー、500mAHであることが記載されています。

SoundPEATS Truengine Bluetoothイヤホン Q42の製品内容(付属品)

製品内容(付属品)は下記。

  • ケース兼充電ドック(イヤホン本体)
  • イヤーピースSMLサイズ x2(合計6組)
  • 取扱説明書
  • 充電用USBケーブル(micro)
SoundPEATS Truengine Bluetoothイヤホン Q42のケースを開いた様子

ケースを開いた様子。

イヤホン本体の左右それぞれに、インジケーター、マルチファンクションボタン、マイクが搭載されています。

表面の金属加工はかなりキレイで、高級感がある印象です。

SoundPEATS Truengine Bluetoothイヤホン Q42本体

イヤホン本体の様子。
イヤーピースはMサイズがデフォルトで取り付けられています。

左右を表すLRの文字の近くにある2つの丸(金色)は接点です。

SoundPEATS Truengine Bluetoothイヤホン Q42のケースを空にした様子

ケースを空にした様子。
先程の接点はケース側にある突起と合わせて、充電を行います。

SoundPEATS Truengine Bluetoothイヤホン Q42のケース後部

ケース後部の様子。
microUSB端子の左にあるボタンは、バッテリー表示ボタンです。

このケースにはバッテリーが搭載されていて、満充電の状態であれば4回ほどイヤホンの充電を行えます。

バッテリー表示ボタンを押すと、ケース前面にあるインジケーターが光り、残容量が分かる形です。

SoundPEATS Truengine Bluetoothイヤホン Q42のケース(充電中)

イヤホンの充電している様子。
完全に充電されていない場合は、上の画像のように赤く光ります。

長所

充電が楽になった
以前試した左右分離型のイヤホンは左右それぞれにケーブルを接続する必要がありましたが、Q42はケースにいれるだけで済むので手間がかかりません。
ペアリングが簡単
ケースから取り出してしばらくすると、自動でペアリングモードに入るので、あとは端末側(スマートフォンなど)でSoundPEATS Truengineを選択するだけで済みます。

Bluetoothイヤホンでよくあるボタン長押しでペアリングモードにする必要がありません。
ケースにバッテリーが搭載されている
上でも書きましたがケースにバッテリーが搭載されているので、小旅行であれば別途モバイルバッテリーや充電器を持っていく必要がありません。

短所

少し音がボワついている
音質自体は悪くないですし、音が途切れるといったこともありません。
ただ、少しボワついている感じの音なので、とにかく高音質をという人は満足できないかもしれません。

思ったこととか

ボワつきが取れて、もっと解像度が上がってくると、一気に高音質化が進み、バカ売れするのではと感じました。

今後の改良や新製品に期待したいと思います。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク