PCにBluetooth機能を追加するUSBアダプタ エレコム LBT-UAN05C2のレビュー

エレコム LBT-UAN05C2のパッケージ

PCにBluetooth機能を追加するUSBアダプタ エレコム LBT-UAN05C2のレビューをします。

最近のノートパソコンなら標準でBluetooth機能を搭載しているかと思います。

ただ、デスクトップPCやベアボーンPCとなると話は別です。
Bluetoothを使えない(搭載されていない)ものも少なくありません。

そういったPCへの主な対処法は、下記の3つとなります。

  1. Bluetooth機能のみを追加するUSBアダプタを使う(エレコム LBT-UAN05C2など)
  2. Bluetooth+無線LANを追加するUSBアダプタを使う(IO-DATA WNPU583Bなど)
  3. Bluetooth+無線LANを追加する内蔵カードを使う(Intel Wireless-AC 8260NGWなど)

1と2は基本USBポートに挿すだけなので、とても簡単です。

3の場合はそれぞれのPCにあった規格(M.2やPCIe x1など)を選ぶ必要があるので、難易度はグンと上がります。

わたしはASRock Desk Mini 110/B/BBにBluetooth機能を搭載し、ワイヤレスイヤホンで音楽を聴くのが目標だったので、手軽な1を選びました。

スポンサーリンク

エレコム LBT-UAN05C2のレビュー

エレコム LBT-UAN05C2のパッケージ

パッケージは透明の丸型シールで固定されています。
開封の際は、手を切らないようにご注意ください。

エレコム LBT-UAN05C2のパッケージ(裏側)

パッケージ裏側には製品仕様、対応プロファイルなどが記載されています。

エレコム LBT-UAN05C2の商品内容(付属品)

商品内容(付属品)は下記。

  • LBT-UAN05C2本体
  • 取扱説明書(兼保証書)
  • 台紙

USBメモリとエレコム LBT-UAN05C2の大きさを比較した様子

USBメモリとサイズ比較した様子です。

良いところ

安い
購入時の価格は約1,200円でした。
小さい
かなり小さいので、他のUSBポートに干渉することはありません。
ただ、小さい分抜き挿しはしにくくなっています。

残念なところ

点滅がウザい
PC起動中はずっと青く点滅します。
視界に入るとかなり気になるので、背面側に接続した方が良いでしょう。

インストール方法について

Windows 10の場合、USBポートに挿すだけで、OS標準のドライバーがインストールされます。
あとはイヤホンなどをペアリングモードにして、接続するだけです。

※取説ではソフトをダウンロード&インストールしてから、USBポートに挿すと記載がありますが、トラブルが起きやすいようなのでオススメしません。

思ったこととか

特にノイズとかも出ていませんし、普通に動いてくれいているので満足です。

購入後に気がついたのですが、aptXに対応したLBT-UAN05C2/Nという製品もあります。

イヤホンやヘッドホンがaptXに対応していて、できるだけ高音質にしたいということであれば、そちらを選んでもよいでしょう。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索