WordPress 4.0以上で投稿画面のエディターを広げない方法

WordPressのアイキャッチ

WordPress 4.0以上で投稿画面のエディターを広げない方法を紹介します。

この機能は、入力文字数に応じてエディターが下方向に広がる(伸びる)というもの。
WordPress 4.0で実装されました。

WordPressの投稿画面で、記事を書く人にとっては有用な機能だと思います。

その反面、他のエディタで記事を書く人にとっては、邪魔な機能です。

長い記事の場合、スクロール量がどうしても増えるので、All in One Seo Packの設定画面までが遠くなったり、設定後に公開ボタンまで戻るのが大変だったりします。

使いにくいなと感じた方は、この記事を読んで、広げない様に設定しましょう。

<文字入力前のエディター>
WordPress 4.0のエディター(文字入力前)

<文字入力後のエディター>
WordPress 4.0のエディター(文字入力後)

スポンサーリンク

設定方法

1.WordPressダッシュボード>投稿>新規追加をクリック。
※投稿一覧>任意の記事を編集でも可

2.画面右上にある表示オプションをクリック。

WordPress 4.0投稿画面の表示オプション

3.ウィンドウの高さに合わせてエディターを広げるのチェックを外す。

WordPress 4.0投稿画面の表示オプションを開いた状態

4.表示オプションを再度クリックして閉じます。

設定はこれで終了です。

補足

この設定を行うと、以前のエディターと同じになります。

長文を打ち込んだ場合は、エディター入力領域の右側にスクロールバーが表示されます。

WordPress 4.0投稿エディターの設定後

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索