ハンディブロワー E-Value EBL-500Vのレビュー

E-Value EBL-500V本体 ハードウェア

ハンディブロワー E-Value EBL-500Vのレビューをします。

エアダスター(缶タイプ)が高いからブロワーの購入を検討しているという方は、読んでいくことをオススメします。

メリット・デメリットを知らない上で買ってしまうと、きっと後悔してしまうでしょうから。

スポンサーリンク

E-Value EBL-500Vのレビュー

E-Value EBL-500Vのパッケージ

購入前のサイズ確認を忘れていたので、考えていたより小さくて驚きました。

E-Value EBL-500Vの製品内容

製品内容は下記。

  • 本体
  • 取扱説明書兼保証書
  • 交換用モーターブラシ 1組
  • ダストバッグ(吸い込みを利用する時に使います)
  • ノズル

amazonのレビューで、ノズルがゴム臭いというものがありますが、個人的には大したことなかったです。

自転車の新品タイヤぐらいのニオイでした。

E-Value EBL-500Vのノズルとマキタのアンカーノズルの並べた様子

ノズルの口が大きかったので、わたしは別途、マキタのアンカーノズルを購入しました。

E-Value EBL-500Vのノズルにマキタのアンカーノズルを接続した様子

アンカーノズルは、ノズルの内側を通して、上記画像のように取り付けます。

長所

小さい
パッケージサイズ(26 x 18 x 17.5cm)に収まるので、置き場所に困りません。
安い
購入時の価格は2,900円。
大体エアダスターの缶を6本ぐらい買える値段です。
長く使えることを考えれば安いでしょう。
風量調整できる
用途に合わせて、3段階(弱中強)で風量調整できるので便利です。

短所

音はそれなりに大きめ
一番弱い設定でも、掃除機よりも大きな(響く)音がします。
集合住宅で使うのは厳しいかもしれません。

思ったこととか

音を気にせず、風量最大、フルスロットルで使える環境があれば、良い商品です。
エアダスターの変わりとして使うことも可能かと思います。

もし、そんな環境が整っていない場合はオススメしません。
集合住宅の場合、風量中でも苦情がくる可能性があります。

今回、強く感じたのは、エアダスターはわりと完成度の高い製品なんだということ。
静かなので集合住宅でも使えますし、風量も十分です。

ネックなのは値段だけ。
缶1本が2~300円になれば買いやすくなるのですが、難しいのでしょうかね?

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク