Android端末でブラウザやスクロールがカクつく時の対処法

ハードウェアのアイキャッチ ハードウェア

Android端末(スマートフォン・タブレット)でブラウザやスクロールがカクつく時の対処法を紹介します。

ブラウザなどでスクロールした時になんかカクカクする、そんな経験はありませんか?

もし、カクカクする現象に遭遇したことがあるなら、ぜひこの記事を読んでいってください。

とある設定を行うだけでカクつきを解消できるかもしれません

スポンサーリンク

この記事で行うこと

開発者向けオプションをONにして、GPUレンダリングを使用という項目を設定します。

この設定は、今までCPUに担当させていた画面(2D)描画を、GPUに任せるというもの。

※CPUは色々な計算を行う万能選手、GPUはグラフィックの描画を専門に行う職人のようなものと考えて下さい

設定を行う上での注意点

  • 一般的にGPUは、CPUよりも消費電力が大きい為、バッテリーの持ちが悪くなる可能性があります。
  • GPU性能がイマイチな端末の場合、設定を行うとカクつきが酷くなるかもしれません。
  • アプリケーションとの相性で思わぬ不具合が起こることもあります。

設定手順

Android 4.4.2搭載タブレット ASUS ME572CLを使って、解説を行います。

Androidのバージョン、端末によって操作手順が変わる場合があることをご承知の上で、読み進めて下さい。

1.端末を起動して、画面を下から上にスワイプします。

2.設定をタップします。

開発者向けオプションをONにしてGPUレンダリングを使用を設定する方法(手順)1

3.最下部にある、端末情報をタップします。

開発者向けオプションをONにしてGPUレンダリングを使用を設定する方法(手順)2

4.ソフトウェア情報をタップします。

開発者向けオプションをONにしてGPUレンダリングを使用を設定する方法(手順)3

5.ビルド番号を7回タップします。
デベロッパーになりましたと表示されたら、成功です。
バックキーを2回押して、設定画面に戻って下さい。

開発者向けオプションをONにしてGPUレンダリングを使用を設定する方法(手順)4

6.下部にある、開発者向けオプションをタップします。

開発者向けオプションをONにしてGPUレンダリングを使用を設定する方法(手順)5

7.GPUレンダリングを使用をタップします。

開発者向けオプションをONにしてGPUレンダリングを使用を設定する方法(手順)6

下記画像のようにチェックが入れば、設定完了です。

開発者向けオプションをONにしてGPUレンダリングを使用を設定する方法(手順)7

8.ブラウザやアプリを起動して、スクロールなどの動作確認を行います。

もし、カクつきが前より酷くなった場合は、GPUレンダリングを使用のチェックを外して下さい。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク