Monero Walletで同期が進まない場合の対処法

Monero Walletで同期が進まない場合の対処法 仮想通貨

Monero Walletで同期が進まない場合の対処法を紹介します。

2018年4月にMonero(XMR)のハードフォークが行われた為、旧Monero Wallet(v0.11.1.0など)を使用していた方は、新Monero Wallet(v0.12.0.0以降)へのアップデートと作業が必要です。

アップデートしただけでは、同期がうまく行われません。

スポンサーリンク

Monero Walletで同期が進まない場合の対処法(Windows 10向け)

Mac OSやWindows 7/8では作業手順が異なりますので、下記リンク先(英語)を参照してください。

I forgot to upgrade (from CLI or GUI v0.11 to CLI or GUI v0.12) and, as a result, accidentally synced to the wrong (alternative) chain

※バックアップを取り、自己責任で作業を行ってください

1.Monero Walletに関するプロセスを全て終了させます。

※PC再起動が一番手っ取り早いです

2.monero-wallet-gui.exe or monero-wallet-cli.exeがあるフォルダを開きます。

3.ファイルを選択していない状態でShiftキー + マウス右クリック>PowerShell ウィンドウをここに開くをクリック。

4.下記をコピー>Windows PowerShell上でマウス右クリック>Enterキー

.\monero-blockchain-import.exe –pop-blocks 16500

※ブロックチェーンデータのフォルダをカスタム配置している方は、初めのリンク先を参照してください

5.Windows PowerShell上に文字列が表示されるので、止まるまでしばらく待ちます。

6.Windows PowerShellを終了します。

7.新Monero Wallet(v0.12.0.0以降)+ デーモンを起動してから一度終了する>新Monero Wallet + デーモンを再度起動>同期が終了するまで放置します。

8.同期後に残高が合っていれば、作業は終了です。

思ったこととか

ハードフォークのことはすっかり忘れていたので、Monero Walletを起動して残高が0と表示された時は焦りました。

対処法をまとめてくれた方に感謝です。

スポンサーリンク