自作PC、BTOパソコンのメリット・デメリット

ハードウェアのアイキャッチ ハードウェア

こんにちは、九荻 新(くおぎ あらた)です。

今回は、自作PC、BTOパソコンのメリット・デメリットについて書こうと思います。

自作PCにするか、PCパーツショップのBTOパソコンにするかで迷っている方は、ぜひこの記事を読んでいってください。

きっと、デスクトップPC選びの参考になるでしょう。

スポンサーリンク

自作PCのメリット

全てのパーツを選べる
好きなメーカー、用途、予算などに合わせて、自由にパーツを選べます。
ゲームPCにするもよし、HDDを沢山積んで録画用PCにするもよし、どんな構成にするかはあなた次第。

BTOパソコンよりもカッコイイ・好みにあったケースを選ぶこともできます。
拡張性がある
ゲーム性能に不満があれば、ビデオカードを交換できますし、容量が足りなくなればHDDを増設することもできます。

その他にも、サウンドカードを追加して音質UPやチューナーカードを追加してTVを見ることも可能です。
パソコンに関する知識が高まる
ちょっとぐらいのパソコントラブルでは動じなくなります。
困った時に検索する癖がつくので、調べ物の精度も上がるかもしれません。

自作PCのデメリット

最低限の知識は必要
各パーツの役割、パーツの選び方、組み立て方に関する知識は必要です。
パソコンの自作という雑誌を読んで、分からない単語を調べていけば、問題ないレベルに達するとは思いますが。
保証がパーツ単位である
トラブル時は自分でどうにかしなければなりません。
パソコンを調べ、原因となるパーツを見つけて、保証を受ける形です。

どうしても分からなければ、PCショップがやっているワンコイン診断を使う手もあります。

ソフトは自前で用意しなければならない
OS、Office、ウィルス対策ソフトなど、必要なソフトは全て自分で用意しなければなりません。
※不要なソフトを入れなくて済むので、パソコンの動作が重くなりにくいというメリットでもあります。

BTOパソコンのメリット

トラブル時は安心
自作PCとは違い、パソコン一式に対して保証があるので、トラブル時に困りません。
保証期間内なら、ショップに丸投げすれば良いだけです。
自作PCよりも安くつく場合がある
同程度のスペックの自作PCよりも、価格が安い傾向にあります。
もちろんパーツ構成にもよりますが。
自作PCと互換性のあるパーツが使われている
PCパーツショップのBTOパソコンなら、基本的に自作PCと同じパーツなので、あとからパーツの交換や増設が可能です。
ただし、保証がなくなる場合もあるので、保証期間後にイジることをオススメします。

BTOパソコンのデメリット

全てのパーツを選べるわけではない
オプションで多少の変更は可能だったりしますが、全てのパーツを選べるわけではありません。
評判の良くないメーカーや製品、一般に流通していない独自仕様のパーツ(OEM)が使われていることもあります。

<例外>
PCワンズのフルカスタマイズPCは、全てのパーツを自分で選び、組み立てはショップに任せる形です。
※セットアップ料金は別途必要
必要ないソフトがインストールされている場合がある
メーカー製PCほどではありませんが、要らないソフトがインストールされている場合があります。
カッコ悪いPCケースが多い
ショップ独自のPCケースを使っている場合、正直カッコ悪いものが多いです。
まぁ、ここらへんは好みによりますが。

私が自作PCを始めた理由・続ける理由

私が自作PCを始めたのは10年以上前で、FRONT MISSION ONLINEというゲームをプレイしたかったのが理由です。

当時はメーカー製のゲームPCが少なく割高だったので、私には自作PCかショップのBTOパソコンしか選択肢がありませんでした。

何故、自作PCにしたかというと、一目惚れしたPCケースを使いたかったから。
全てのPCパーツを選んでみたかったというのもあります。

それ以降は、ずっと自作PCです。

続けている理由は、単純に楽しいから

自分の好みで構成を考えたり、パーツを入れ替えたり、増設したりするのはワクワクします。
必要ないソフトを排除できることも利点です。

私は、きっと今後も自作PCを続けていくでしょう。

さいごに

この記事を読んでみて、あなたの心はどちらに傾いたでしょうか?

私としては、自作PCをオススメしたいところですが、BTOパソコンにもメリットがありますし、選ぶのはあなた次第です。

自作PCに挑戦したいけど不安だという方は、PCワンズのフルカスタマイズPCを検討してみてもいいと思います。
間違った・問題があるパーツの組み合わせがあれば、指摘してくれるでしょうし。

最後に注意点を一つ。
どれを選ぶにせよ、スリムPCだけはオススメしません

理由は、せっかくデスクトップPCを買うのに、拡張性に乏しいスリムPCを選ぶ意味がないからです。
それを分かった上で買うなら止めませんが。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク