自転車用パンク修理パッチはパークツール GP-2Cが超オススメです

パークツール GP-2C本体 ハードウェア

今回紹介するのはパークツール GP-2Cで、一般的なパンク修理キットより優れた製品になっています。

これからパンク修理キットを購入するよという方は、購入前にぜひこの記事を読んでいってください。

きっと損はしないはずです。

というか、読まずに普通の修理キットを買ってしまう方が損になります。

自転車用パンク修理パッチ パークツール GP-2Cのレビュー

パークツール GP-2C本体

本体のサイズは、3.2 x 3.2 x 0.5cmほどしかないので、小さめのサドルバッグに入れても邪魔になりません。

パークツール GP-2Cの製品内容(付属品)

プラパッケージの中には取説、紙やすり、パッチ6枚が入っています。
※2枚使ったので、写真では4枚しかありません

一般的なものと何が違うのか

一般的なパンク修理キットの修理手順は下記のようになります。

  1. パンク穴の場所を見つける
  2. タイヤの異物を取る
  3. パンク穴周辺にやすりをかけて、なめらかにする
  4. 接着剤を塗り広げる
  5. パッチを当て、圧着する

パークツール GP-2Cの場合は手順4が必要ありません
なぜかと言うと、GP-2Cはシールタイプ(接着剤塗布済み)だからです。

一つ手順が減るだけじゃんと思うかもしれませんが、これはけっこう大事なことです。

まず、接着剤がないので手がベタベタになったり、汚れることもありません。
※出先だと手を洗えるところが近くにあるとは限らないので便利です

また、パッチはあるけど接着剤がいつのまにか無くなっていたという状況にもなりません。
※一般的な修理キットに入っている接着剤をパッチの枚数に合わせて、うまく使い切るのは難しいです(接着剤が先になくなりがち)

あとは接着剤が乾く時間が必要ありません。
パッチを貼り付けて、圧力を加えればすぐにひっつきます。

短所

欠点をあげるとすれば、接着面に触れないように注意が必要なことぐらいです。
指で触れてしまうと、著しく粘着力が落ちるので、爪の先で挟むのが良いでしょう。

どちらが楽か

今まで接着剤タイプの修理キットを使っていたのが馬鹿みたいと感じる程に、パークツール GP-2Cを使った修理の方が圧倒的に楽です。

わたしは次に買う時も迷わずGP-2Cを選びます。

思ったこととか

2017年のこれまでに買ったものの中では、一番満足度が高い製品です。

ロードバイクやクロスバイクを日常的に乗り回している方なら、一つ持っておくと非常に便利ですし、お安いものなので、今すぐポチっちゃいましょう。

Youtubeを始めました

メモトラPCチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCqOiuPy6lccc5JO_FQb_3gQ

レビュー動画をコツコツ上げて行くので、チャンネル登録をお願いします。

TOEIC対策はスタディサプリ ENGLISH

TOEICの勉強をするなら、スマホアプリで通勤・通学などのスキマ時間を利用するのがオススメです。

参考書とは違い場所も取りませんし、一日数分~数十分勉強すれば、チリツモで少しづつ知識を増やしていけます。

7日間の無料体験も用意されているので一度試してみてはいかがでしょうか?

スタディサプリ公式サイトを見る

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。
概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

無料会員登録をする

スポンサーリンク