Pioneer BDR-209JBKのレビュー

Pioneer BDR-209JBKのパッケージ 自作PC

BDXL対応ブルーレイドライブ Pioneer BDR-209JBKのレビューをします。
購入時の価格は12,490円。

購入動機は使用していたLITEON iHES108の動作が怪しくなっていたから。
症状は、特定のメーカーのDVDだけ認識しないというもの。
何故かSony Pictures製DVDだけパソコンで認識しない件

BDR-209JBKを選んだのは、Pioneer製である点と保証が1年ある点が理由。

バルク品のBDR-209XJBK/WS(ソフト付き)やBDR-209XJBK(ソフト無し)も選択肢に入っていましたが、ショップによって保証期間がマチマチなので、パッケージ版であるBDR-209JBKを選択しました。

Pioneer BDR-209JBKのスペック
インターフェイス Serial ATA Revision 2.6
バッファー 4MB
サイズ 148 mm x 42.3 mm x 180 mm (W x H x D)
重量 740g

メーカー製品情報ページ
商品情報詳細ページ

スポンサーリンク

レビュー

Pioneer BDR-209JBKの製品内容
製品内容は、本体・取扱説明書・アプリケーションディスクの3つ。

<アプリケーションディスク(バンドルソフトウェア)の内容>

PowerDVD 10
Blu-ray,DVD対応の動画再生ソフト
PowerProducer v5
BD/DVDオーサリングソフト
PowerDirector 10
動画編集ソフト
PowerBackup v2
データーバックアップソフト
PhotoDirector 4
写真編集ソフト
Power2Go 8
Blu-ray/DVD/CDライティングソフト
InstantBurn v5
パケットライトソフト
MediaShow 6
画像・映像の管理閲覧ソフト
LabelPrint v2
ディスクレーベルの作成印刷ソフト

バンドルソフトが山盛りです。
全て使いこなす人はそうそういないでしょう。

Pioneer BDR-209JBKのハニカム構造
不要な振動を抑える為のハニカム構造。

Pioneer BDR-209JBKの正面側
Pioneer BDR-209JBKの正面。
一般的な光学ドライブと構成は変わらないと思います。

違うのは、トレー開閉ボタンが若干大きい(厚い)ことぐらい。
押しやすいので、全然問題はありません。

思ったこと

今のところ、BD・DVDの相性問題は出ていません。
私にとっては、それだけで買う価値がありました。

ついでに言うと、ディスク回転の動作音が静かでビックリです。
光学ドライブも進化しているのだなと感じました。

注意点

記事の上の方で触れていますが、バルク品を買う場合は注意が必要です。

ショップによって保証期間が全然違います。
短い所だと、初期不良期間のみという場合もあります。

個人的には、どこで買っても1年保証なパッケージ版(BDR-209JBK)を買うことをオススメします。
価格差も1,000円強程度ですし。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク