LenovoのPCを学割価格で購入しよう!

Pulsar Xliteのレビュー!超軽量48.85gのゲーミングマウス

Pulsar Xliteを上から見た様子

九荻 新

Pulsar Xliteのレビューをします。

同製品は48.85gの超軽量ゲーミングマウスで、PixArtのフラッグシップセンサーPAW3370を搭載していること、マウスバンジーやグリップテープが付属していることが特徴です。

以前は入手性がイマイチでしたが、現在は日本のAmazonで購入できます。
Pulsar Xliteのスペック
サイズ123 x 64 x 44mm
重さ48.85g(ケーブルを含まず)
センサーPAW3370
DPI50~20,000
ポーリングレート1,000Hz
デザイン右利き用
保証期間2年

メーカー公式ページ

※この記事は製品をご提供いただき執筆しています

Pulsar Xliteの外観と付属品

Pulsar Xliteのパッケージ表側

Pulsar Xliteのパッケージサイズは9.9 x 15.4 x 7.9cm。

このパッケージは密閉されているので、やや開けにくいです。
裏面の封印シールを切ったら、箱を振って開ける感じになります。

Pulsar Xliteのパッケージ右側面側

パッケージ右側面ではオムロンのスイッチやPAW3370というセンサーを採用していることが分かります。

Pulsar Xliteのパッケージ左側面側

左側面にはマイクロバンジー(マウスバンジー)が同梱されていることが記載されています。
※使い方はあとで紹介します

Pulsar Xliteのパッケージ底面側

底面側には同梱されているものとスペックが記載されています。

Pulsar Xliteのパッケージを開封した様子

パッケージを開封した様子。

Pulsar Xliteの付属品一覧

付属品は下記。

  • 取扱説明書
  • マウスソールの予備
  • グリップテープ
  • ロゴシール
  • マウスバンジーの部品+両面テープの予備

Pulsar Xlite本体の様子

マウス本体の様子。
ケーブル部分は柔らかいパラコードです。

Pulsar Xliteの重さを計測した様子

マウスの重量をキッチンスケールで計測した様子。

パッケージに書かれているスペックは48.85gですが、少し重い50gとなりました。

これはおそらくケーブルの重さを含んでしまっていることが原因です。

Pulsar Xliteを上から見た様子

マウスを上から見た様子。

Pulsar Xliteを前から見た様子

マウスを前から見た様子。
右クリック側が下がっているデザインです。

Pulsar Xliteを左から見た様子

マウス左側面の様子。
戻る・進むボタンは大きめで、押しやすいです。

Pulsar Xliteを右から見た様子

マウス右側面の様子。
こちらにボタンはありません。

Pulsar Xliteを後ろから見た様子

マウスを後ろから見た様子。

Pulsar Xliteの底面の様子

マウス底面側の様子。

下半分はくり抜かれているので、ホコリが溜まった時にエアダスターで掃除しやすいです。
※ケーブルを抜いてから掃除してください

Pulsar XliteのUSBケーブルとフェライトコア

USBケーブルはフェライトコア付きになっています。

マウスバンジーの使い方

Pulsar Xliteのマウスバンジーの使い方(手順01)

上記画像の部品についているシール(3M)をはがすと、粘着面が現れます。

Pulsar Xliteのマウスバンジーの使い方(手順02)

この部品をモニターに右端などに貼り付けてください。
※樹脂が飛び出している方が手前

Pulsar Xliteのマウスバンジーの使い方(手順03)

ケーブルに画像の部品を取り付けます。

Pulsar Xliteのマウスバンジーの使い方(手順04)

部品同士を接続すれば完成です。
あとはケーブルの長さを調整してください。

九荻 新

単体で販売されているマウスバンジーと比べて遥かに小さく、机の上のスペースを用意する必要が無いのは大きなメリットになります。

それでいてきちんと役割は果たしてくれるので、まず付属品を使ってみて気に入らなければ単体品を買うという感じでOKです。

グリップテープの使い方

Pulsar Xlite付属のグリップテープとソール

予備ソールとグリップテープの様子。
今回は右のみ使用します。

Pulsar Xliteの説明書(グリップテープの貼り方)

取扱説明書を参考にグリップテープを貼ってください。

取説には記載されていませんが、戻る・進むボタン用のテープも付属しています。

テープはジャストサイズなので、遊び(隙間)を作る必要はありません。

Pulsar Xliteの左側面にグリップテープを貼った様子

マウス左側面にグリップテープを貼った様子。

Pulsar Xliteの右側面にグリップテープを貼った様子

マウス右側面にグリップテープを貼った様子。

九荻 新

Pulsar Xlite本体には一切滑り止めが付いていないので、両サイドの2つを貼るだけでだいぶ変わります。

感覚としてはマウスが手に吸い付く感じです。

当然テープを貼った分重くはなりますが、わたしは貼った後の方が使いやすく感じます。

グリップテープは左・右クリック用、戻る・進むボタン用も付属しているので、好みに合わせて使用してください。

管理ソフトについて

キーバインドやDPIなどの調整を行う管理ソフトは公式サイトからダウンロードできます。

Pulsar Xliteの管理ソフト(Key assignment)

デフォルト画面(Key assignment)ではキーバインドを変更できます。
※プロファイルは5つまでです

Pulsar Xliteの管理ソフト(DPI)

DPIはデフォルトで7つ用意されています。
砂時計みたいな部分をドラッグすれば、数値を変更可能です。

キーボードで数値を指定することはできません。

Pulsar Xliteの管理ソフト(Parameter)

Parameterではポーリングレートやスクロールスピードなどを調整できます。

Pulsar Xliteの管理ソフト(Macro)

Macro画面の様子。

追加する場合は左側のMacro listで右クリック>New macroをクリックして続けます。

九荻 新

対応言語が英語のみなので慣れない部分もありますが、おおむね問題ありません。

※記事執筆時点では非対応でしたが、現在配布されているV1.01は日本語表示に対応済みとなっています

今後、プロファイル名を任意の名前に変えられるようになると良いですね。

使い方として覚えておいた方が良いことは、設定やプロファイルを変更した後は必ずSaveボタンを押すこと。

これを忘れると、管理ソフトの画面表示上はProfile1なのに、実際はProfile2で動いているという挙動になることがあります。

レビューまとめ

九荻 新

以前は120g超えのゲーミングマウスを使っていたのですが、48.85gのPulsar Xliteを使うと、もう元には戻れません。

最初のうちは操作の力加減が難しく感じますが、しばらくするとそれも慣れますし、軽い力で動かせるのはやはり楽です。

特に長時間ゲームをプレイした時の疲労度がかなり減る為、ヘビーゲーマーの方は選ぶ価値有りかと思います。

また、マウス本体にグリップテープとマウスバンジーが付いて6千円台という価格も魅力的です。

市販品のグリップテープとマウスバンジーを買うと合わせて3~4千円ぐらいするので、コスパ重視の方の選択肢としても有りでしょう。

ちなみにマウス単体バージョンも5,980円で販売される予定なので、バンジーとグリップテープが不要な場合はそちらを選択してください。