【最安】Adobe CCが39,980円(税込)

[レビュー]LiteSpeed Cacheプラグインの設定方法と効果検証

LiteSpeed Cacheプラグインの設定方法と効果検証

九荻 新

カラフルボックスmixhostなどのLiteSpeed採用レンタルサーバーで使えるWordPressプラグイン LiteSpeed Cacheプラグインの設定方法と効果をレビューします。

効果検証結果(表示速度の変化)のみを知りたい方は、目次からジャンプしてください。

※ちなみにnginx + LiteSpeed LSAPI環境のConoHa WINGで同プラグインは動作しません

カラフルボックス公式サイトを見る

mixhost公式サイトを見る

カラフルボックスのイメージ画像 カラフルボックスのレビュー!WordPress初心者にオススメのレンタルサーバー mixhostのレビュー!LiteSpeed採用の高速レンタルサーバー mixhostのレビュー!LiteSpeed採用の高速レンタルサーバー

LiteSpeed Cacheプラグインの設定方法

1.WordPressダッシュボード>プラグイン>新規追加をクリック。

2.検索ボックスにLiteSpeed Cacheと入力>今すぐインストールをクリック。

LiteSpeed Cacheプラグインのインストール手順02

3.インストール完了まで待つ>有効化をクリック。

LiteSpeed Cacheプラグインのインストール手順03

4.設定をクリックするとキャッシュ設定のパージタブが開く>キャッシュタブをクリックしておいてください。

LiteSpeed Cacheプラグインのインストール手順04

設定に関する補足事項

九荻 新

一つのタブやメニューを設定したらキャッシュを削除して、表示に問題がないか確認してください。

まとめて設定を行ってから表示が崩れた場合、どの項目が原因なのか切り分けるのが難しくなります。

キャッシュタブの設定

LiteSpeed Cacheプラグインのキャッシュタブ設定画面

下記設定に切り替えて、ページ下部の変更を保存をクリックします。

キャッシュを有効にする:オン
ログインしたユーザーをキャッシュ:オン
コメントをキャッシュ:オン
REST API をキャッシュ:オン
ログインページをキャッシュ:オフ
favicon.ico をキャッシュ:オン
PHP リソースをキャッシュ:オン
モバイルをキャッシュ:オフ

九荻 新

モバイルをキャッシュは、PCで記事を表示したのにモバイル表示される場合にオンにしてください。

そうするとPC用とモバイル用ページが別々にキャッシュされるので、意図しないキャッシュが発生しなくなります。

TTLタブの設定

LiteSpeed CacheプラグインのTTLタブ設定画面

九荻 新

ここではキャッシュする時間を設定できますが、特に理由がなければ変更する必要はありません。

パージタブの設定

LiteSpeed Cacheプラグインのパージタブ設定画面

九荻 新

アップグレード時にすべてをパージするがオンになっていればOKです。

古いものを出すをオンにするとサーバー負荷を軽減できますが、古いキャッシュが表示される可能性があります。

他は特に変更しなくて問題ありません。

除外タブの設定

LiteSpeed Cacheプラグインの除外タブ設定画面

九荻 新

こちらではキャッシュから除外するものを設定できますが、基本的に変更しなくてOKです。

ESIタブの設定

LiteSpeed CacheプラグインのESIタブ設定画面

九荻 新

ESIはログイン中ユーザーのためのキャッシュページを設定する項目です。
一人でWordPressブログ・サイトを管理する場合は変更しなくて問題ありません。

オブジェクトタブの設定

LiteSpeed Cacheプラグインのオブジェクトタブ設定画面

九荻 新

こちらではオブジェクトキャッシュのオン・オフを設定できます。
Memcached 拡張機能 or Redis 拡張機能が有効で、接続テストが問題ない場合はオンに変更してください。

※レンタルサーバーだと使えないケースがあります

ブラウザタブの設定

LiteSpeed Cacheプラグインのブラウザタブ設定画面

ブラウザキャッシュをオンにして変更を保存をクリックします。

九荻 新

ブラウザキャッシュを有効にするとユーザーのWEBブラウザにキャッシュが保存されて、表示の高速化が期待できます。

高度な設定タブの設定

LiteSpeed Cacheプラグインの高度な設定タブ設定画面

九荻 新

こちらは特に変更する必要がありません。

CDNメニューの設定

LiteSpeed CacheプラグインのCDNメニュー設定画面

九荻 新

QUIC.cloudやCloudflareなどのCDN(コンテンツデリバリネットワーク)を有効にすると、表示速度が高速になったりサーバー負荷の軽減を期待できますが、WordPressの表示が崩れる(カラム落ちなど)が発生することがあります。

使用する場合は運用テストをしっかりと行ってください。

画像の最適化メニューの設定

LiteSpeed Cacheプラグインの画像の最適化メニュー設定画面

九荻 新

LiteSpeed Cacheでは画像の最適化(圧縮やWebP作成・置換など)を行えますが、圧縮率がイマイチ良くないので、別途EWWW Image Optimizerプラグインを使うことをオススメします。

ページの最適化メニュー(CSS設定タブ)

LiteSpeed CacheプラグインのCSS設定タブ設定画面

こちらのメニューではCSSやHTML、JSの圧縮などを行えます。
機能としてはAutoptimizeに近いです。

CSS 圧縮化:オン
CSS 結合:オン
固有の CSS ファイル:オフ
CSS HTTP/2 プッシュ:オン
CSSを非同期ロード:オン
クリティカル CSS を生成:オン
バックグラウンドでクリティカル CSS を生成する:オン
別々のCCSSキャッシュポストタイプ:そのまま
個別のCCSSキャッシュURI:そのまま
インライン CSS 非同期ライブラリ:オン
フォント表示の最適化:デフォルト

すべての設定が終わったら、変更を保存をクリックします。

九荻 新

CSSを非同期ロードをオンにして使うには、ドメインキーを設定する必要があります。
ここをクリックして設定してください。からドメインキーを取得してください。

JS設定タブ

LiteSpeed CacheプラグインのJS設定タブ設定画面

JS 圧縮化:オフ
JS 結合:オフ
JS HTTP/2 プッシュ:オン
JS Deferredをロード:オン
インライン JS の読み込み:デフォルト
JQueryを除外する:オン

九荻 新

JS 圧縮化と結合をオンにすると、表示が崩れたり、広告コードが改変される場合があるので注意が必要です。
使用する場合はテストをしっかり行ってください。

最適化の設定タブ(HTML)

LiteSpeed Cacheプラグインの最適化の設定タブ設定画面

CSS/JS キャッシュ TTL:そのまま
HTML 圧縮化:オン
インライン CSS の圧縮:オン
インライン JS の圧縮:オフ
DNS プリフェッチ:オン
コメントを削除します:オン
クエリ文字列を削除:オン
Google フォントを非同期に読み込む:オフ
Googleフォントを削除:オン
WordPress 文字を削除:オン
Noscript タグを削除:オフ

九荻 新

Googleフォントを使用する場合は非同期に読み込むをオン、Googleフォントを削除をオフにします。

メディア設定タブ

LiteSpeed Cacheプラグインのメディア設定タブ設定画面

画像 遅延読み込み:オン
基本的な画像プレースホルダー:そのまま
応答プレースホルダ:オン
レスポンシブプレースホルダー SVG:そのまま
レスポンシブプレースホルダーの色:そのまま
LQIP クラウドジェネレーター:オフ
LQIP 品質:そのまま
LQIP 最小寸法:そのまま
バックグラウンドでの LQIP の生成:オン
Iframes 遅延読み込み:オン
インラインレイジーロードイメージライブラリ:オン

九荻 新

画像遅延読み込み機能はWorPressテーマやEWWW Image Optimizerにも搭載されている場合があります。
二重に設定しないようにご注意ください。

除外するメディアタブ

LiteSpeed Cacheプラグインの除外するメディアタブ設定画面

九荻 新

このタブは特に変更する必要はありません。

ローカリゼーション設定タブ

LiteSpeed Cacheプラグインのローカリゼーション設定タブ設定画面

Gravator キャッシュ:オン
Gravator キャッシュ Cron:オン
Gravator キャッシュ TTL:そのまま
リソースのローカライズ:オン

チューニングの設定タブ

LiteSpeed Cacheプラグインのチューニングの設定タブ設定画面

九荻 新

意図的に除外したいものがなければ、変更を行わなくてOKです。

データベースメニュー

LiteSpeed Cacheプラグインのデータベースメニュー設定画面

九荻 新

こちらはデータベースの最適化を行うページです。
不要な下書きなどを削除する場合はクリックしてください。

DB 最適化設定は変更しなくて問題ありません。

クローラーメニュー

LiteSpeed Cacheプラグインのクローラーメニュー設定画面

九荻 新

クローラーを有効にすると常に最新のキャッシュを表示することができますが、ユーザーが記事を閲覧した際にキャッシュは生成・保存されるものなので、特別な理由がなければ変更する必要はありません。

ツールボックスメニュー

LiteSpeed Cacheプラグインのツールボックスメニュー設定画面

九荻 新

このメニューで使用することがあるとすれば、設定のエクスポートやインポート、リセット機能ぐらいです。
特に設定する必要はありません。

速度比較(LiteSpeed Cacheプラグインの効果検証)

カラフルボックスとmixhostでWordPressサイトを作成し、LiteSpeed Cacheプラグインの有無で表示速度の変化(効果)があるかを検証しました。

画像19枚、容量1.37MBのダミー記事を使用して、GTmetrixで10回計測を行い、平均値を算出しています。

下記表のcbはカラフルボックス、mhはmixhostの略です。

cbキャッシュ無しmhキャッシュ無しcbキャッシュ有りmhキャッシュ有り
ロードタイム2.5秒3.82秒2.2秒2.1秒
PageSpeed Score51519898
YSlow Score91919595

九荻 新

LiteSpeed Cacheプラグインを使用することで、ロードタイムが縮み、PageSpeed/YSlow Scoreも向上することが分かりました。

プラグインは無料ですし、カラフルボックスmixhostなどのLiteSpeed採用レンタルサーバーを使うのであれば、必須と言えるでしょう。

カラフルボックス公式サイトを見る

mixhost公式サイトを見る

九荻 新

カラフルボックスとmixhost、それぞれのレンタルサーバーもレビューしているので合わせてご覧ください。
カラフルボックスのイメージ画像 カラフルボックスのレビュー!WordPress初心者にオススメのレンタルサーバー mixhostのレビュー!LiteSpeed採用の高速レンタルサーバー mixhostのレビュー!LiteSpeed採用の高速レンタルサーバー