Amazonの商品を少し安く購入する方法

Pixio製ゲーミングモニターの特徴とレビューまとめ

Pixio PX5 HAYABUSA2本体正面(一番低くした状態)

この記事ではPixio製ゲーミングモニターの特徴とレビューまとめを紹介します。

Pixioはアメリカ カリフォルニア州のモニターメーカーで、日本のAmazonで購入可能です。

2020年6月下旬現在の取扱製品はゲーミングモニターとモニターアームになります。

Pixio製品の主な特徴は下記の3つです。

  1. コスパがかなり良い(スペックが高い割に価格が安い)
  2. ゲーマーのツボを押さえたモニターが多い
  3. 36ヶ月保証(2020年4月以降)でサポートも手厚い

九荻 新

今までPixio製ゲーミングモニターのレビューを書いてきたので、記事内ではそれぞれの特徴を解説、個別レビューへのリンクを貼っていきます。

Pixio製品が気になっている方、購入を検討されている方はぜひご覧ください。

フラットモニター(フルHD[1920x1080px])

PX5 Hayabusa 2 (IPS,240Hz,1ms,24.5インチ)

Pixio PX5 HAYABUSA2本体正面(一番低くした状態)

PX5 HAYABUSA2はIPSパネル+ベゼルレス+多機能スタンドを採用したモニターです。

九荻 新

240Hz+応答速度1ms+フルHD+24.5型と、コアゲーマーの求める機能がぎゅっと詰まっています。

FreeSync、G-SYNC Compatibleも対応です。
Pixio PX5 HAYABUSA2の電源を入れて正面から見た様子 Pixio PX5 HAYABUSA2のレビュー!240Hz,IPS,1msのゲーミングモニター

公式サイトで見る

PX279 RAPID (TN,240Hz,1ms,27インチ)

Pixio PX279RPを正面から見た様子

PX279RPはTNパネル+ベゼルレス+単機能スタンド採用のモニターです。

九荻 新

240Hz+1ms+フルHDで27型なので、ゲームの迫力や没入感が欲しい方向けの製品になります。

TNで高さ調整ができないことから、視野角面では厳しいこともあります。
必要があればモニターアームを使いましょう。
Pixio PX279RPを正面から見た様子 Pixio PX279RPをレビュー!27型240HzのフルHDゲーミングモニター

公式サイトで見る

PX279 Prime (IPS,240Hz,1ms,27インチ)

Pixio PX279 Primeのイメージ画像
※Pixio公式サイトより引用

PX279 Primeはベゼルレスな27型ゲーミングモニターで、IPSパネル採用であることが特徴です。
※PX279 RAPIDはTNパネル

九荻 新

240Hz+1ms+フルHDでHDRにも対応しています。
発売予定は2020年8月上旬となります。

公式サイトで見る

PX247 (IPS,144Hz,1ms,23.8インチ)

Pixio PX247を正面から見た様子

PX247は23.8型IPSパネル+単機能スタンド採用のモニターです。

九荻 新

スペックは144Hz+1ms+フルHDとなります。
スピーカー付きにもかかわらず、価格も手頃なので、初期コストを抑えることが可能です。

電源オン時の立ち上がりが速いのも長所になります。
Pixio PX247を正面から見た様子 Pixio PX247のレビュー!フルHD,144Hz,IPS,1ms,スピーカー付きゲーミングモニター

公式サイトで見る

PX242 (IPS,75Hz,4ms,23.8インチ)

Pixio PX242本体正面

PX242は23.8型のエントリー向けゲーミングモニター(スタンドは単機能)です。

九荻 新

IPS+4msで価格がかなり安いので、デュアルやトリプルモニターにうってつけの製品になります。

75Hzなため、60Hzモニターからの乗り換えではヌルヌル(滑らか)具合を体感しにくいでしょう。
Pixio PX242本体正面 Pixio PX242のレビュー!75HzでIPSな23.8インチゲーミングモニター

公式サイトで見る

フラットモニター(WQHD[2560x1440px])

PX7 PRIME (IPS,165Hz,4ms,27インチ)

Pixio PX7 Primeの本体正面

PX7 PRIMEはIPSパネル+ベゼルレス+多機能スタンド採用のモニターです。
HDR10にも対応しています。

九荻 新

165Hz+4ms+WQHD+95% DCI-P3なため、ゲーム用と作業用モニターを1台で済ませたい方にオススメです。
Pixio PX7 Primeの本体正面 Pixio PX7 PRIMEをレビュー!165HzでIPSのWQHDゲーミングモニター

公式サイトで見る

PX329 (VA,165Hz,6ms,31.5インチ)

Pixio PX329をモニターアームを使って設置した様子

PX329はVAパネル+ベゼルレス+単機能スタンドのゲーミングモニターです。

九荻 新

165Hz+WQHD+31.5型なので、24や27インチクラスに比べてかなり迫力があります。
応答速度は6msですが、残像が気になるようなことはなかったです。

ただ、サイズ的に視線移動が多くなるため、汎用性はやや落ちます。
Pixio PX329をモニターアームを使って設置した様子 Pixio PX329をレビュー!31.5インチWQHDのゲーミングモニター

公式サイトで見る

PX277 Prime (IPS,165Hz,1ms,27インチ)

Pixio PX277 Primeのイメージ画像
※Pixio公式サイトより引用

PX277 PrimeはIPSパネル採用の27型ゲーミングモニターです。

九荻 新

スペックは165Hz+1ms+WQHD+111% sRGB+HDR対応となっています。

こちらもPX279 Primeと同じく2020年8月上旬に発売予定です。

公式サイトで見る

PX275h (IPS,95Hz,4ms,27インチ)

Pixio PX275hのイメージ画像
※Pixio公式サイトより引用

PX275hはIPS+27型+ベゼルレス+単機能スタンド採用のモニターです。

九荻 新

4ms+WQHD+HDR対応ですが95Hzなため、165Hz製品よりも価格が手頃です。

カーブ型モニター(フルHD[1920x1080px])

PXC243 (VA,144Hz,3ms,23.6インチ)

Pixio PXC243本体正面

PXC243はVA採用のカーブ型モニターです。
手前側に湾曲しているので、フラットモニターよりも没入感を得やすい特徴があります。

九荻 新

スペックは144Hz+3ms+フルHD+23.6型で、AMD FreeSyncやG-SYNC Compatibleを使用可能です。

パネルが湾曲していて、背面のOSDスティックも斜め向きなため、操作に慣れが必要になります。
Pixio PXC243本体正面 Pixio PXC243のレビュー!24インチVAで144Hzの湾曲型ゲーミングモニター

公式サイトで見る

PXC273 (VA,144Hz,3ms,27インチ)

Pixio PXC273のイメージ画像
※Pixio公式サイトより引用

PXC273はVA採用のカーブ型モニターで、サイズは27型です。

九荻 新

144Hz+3ms+フルHDと、基本スペックはPXC243(23.6型)と変わりません。
没入感に加えて迫力も欲しい方はこちらを選びましょう。

公式サイトで見る

モニターアーム

PS1S (シングル)

Pixio PS1Sのイメージ画像
※Pixio公式サイトより引用

PS1Sはガススプリング式のシングル用モニターアームです。

最大32インチ、2~8kg、VESAは75/100mmピッチ対応となります。

PS1D (デュアル)

Pixio PS1Dのイメージ画像
※Pixio公式サイトより引用

PS1Dはガススプリング式のデュアルモニター用アームです。

最大32インチ、2~8kg、VESAは75/100mmピッチ対応となります。

Pixio製ゲーミングモニターのまとめ

九荻 新

これまで7個ほどPixio製ゲーミングモニターのレビューをしましたが、コスパが良いだけではなく、優秀な製品が多いです。

欠点があるとすれば品切れしやすいことが挙げられますが、これについては時勢の問題も関わってくるので仕方ありません。

購入を検討されている方はAmazonをこまめにチェックする + Pixio_Japan公式ツイッターをフォローするのがオススメです。