仮想通貨のマイニングに向いたBTOパソコンを紹介するよ[2018年1月版]

マイニング

タイトルどおり、仮想通貨のマイニングに向いたBTOパソコンを紹介します。

マイニングを簡単に説明すると、パソコンなどで演算処理をする代わりに、報酬として仮想通貨が得られる仕組みのことです。

仮想通貨のマイニングには、それなりに高性能なパソコンが必要となります。

スポンサーリンク

仮想通貨のマイニングに向いたBTOパソコンを紹介するよ[2018年1月版]

これからマイニングを始める場合は、自作PC、もしくはBTOパソコンがオススメです。

パソコンメーカーのゲーミングブランドで販売されているPCでもマイニングできますが、将来PCパーツを入れ替える(交換する)時に面倒なことになる可能性が高いので、オススメしません

自作PCとBTOパソコン

自作PCは、PCパーツを購入し、自分で組み立てるパソコンのことを言います。

保証はパーツ単位ですが、自分で好きなパーツ(部品)を選べる柔軟性がメリットです。

BTOパソコンは、パソコンショップなどが組み立て、販売しているものを指します。

保証はパソコン一式なので安心ですが、細かくパーツを選ぶのが難しいです。

自作PCとBTOパソコン共通のメリットは、汎用のPCパーツが使われているので、簡単にアップグレードを行えることが挙げられます。

マイニングでパソコン代の元がとれるのか?

マイニングにはパソコン代の他に、電気代がかかります。

わたしは約33万円の自作PC(i7 7820X + GTX 1080 Ti)を使っていて、1ヶ月に得られる仮想通貨が約2万円、電気代が1ヶ月で約1万円ぐらいかかるので、パソコン代を取り戻すには単純計算で33ヶ月かかります。

マイニングする仮想通貨の価値が上がれば、収益性が改善することも考えられますが、33ヶ月の間にPCが故障する可能性もありますし、大きな収益にするのは難しいでしょう。

大規模なマイニング環境やソーラー発電を用意できるなら別ですが。

マイニングPCの購入代金を、ZaifbitFlyerCoincheckで、仮想通貨の投資に当てる方が無難かもしれません。

各仮想通貨取引所・販売所のアカウント作成方法は下記記事で紹介しているので、そちらを参考にしてください。

2018/01/11追記
GTX 1080 Tiを2枚にしたら、月に45,039~53,246円ぐらいの収益になる感じです。
趣味としては悪くないと思います。

詳しくは、GTX 1080 Ti 2枚でモナコインをGPUマイニングしてみた結果[2018年1月版]をご覧ください。

マイニングPCに求められる性能

仮想通貨のマイニングには、CPUで行うものとGPUで行うものがありますが、GPUマイニングの方が効率が良いので、迷ったらGPU(ビデオカード)にお金をかけると良いでしょう。

予算もあると思いますが、新規でマイニングPCを買うのであれば、ハイエンドなものを購入することをオススメします。

理由は、マイニングの難易度は右肩上がりになるから

高性能なパソコンが増えたり、マイニングする人が増えることで、マイニングの難易度は上がり、得られる報酬は減っていきます。

その為、中途半端なスペックのPCを購入すると、早い段階で陳腐化する可能性が高いです。

2018年1月現在であれば、GTX 1080 Ti or GTX 1080が1枚、もしくは2枚搭載(SLI)されているパソコンが有力な候補になります。

CPUマイニングを行う場合は、CPUも高性能なもの(7700Kや8700K以上)が望ましいです。

ただ、予算に余裕がなければ、GPUマイニングに全力を注ぎ、CPUを下位モデルに変更するのも有りかと思います。

マイニングにオススメのBTOパソコン(TSUKUMO編)

GX7J-B92/ZT
i7 8700K + GTX 1080で243,864円、GTX 1080 Tiの場合は277,344円となります。(2018/01/03現在)
GX7J-C91/ZT
i7 7700 + GTX 1080 x2で325,994円、GTX 1080 Ti x2の場合は392,904円となります。(2018/01/03現在)

マイニングにオススメのBTOパソコン(ドスパラ編)

ガレリア XZ
i7 7700 + GTX 1080 Tiで237,578円です。(2018/01/03現在)
ガレリア ZZ-SLI
i7 8700K + GTX 1080 Ti x2で388,778円です。(2018/01/03現在)

マイニングにオススメのBTOパソコン(PCワンズ編)

PCワンズは、BTOパソコンの他に、フルカスタマイズPCを取り扱っています。

これは好きなPCパーツを選んで組み立ててもらうサービスとなります。
組み合わせに問題がないか、スタッフが確認してくれるので安心です。

マイニングにオススメのBTOパソコン(ark編)

CY-IKL4Z27A-CM
i7 7700 + GTX 1080で215,900円です。(2018/01/03現在)
CY-IC6Z37A-NR
i7 8700K + GTX 1080 Tiで284,800円です。(2018/01/03現在)

マイニングにオススメのBTOパソコン(パソコン工房編)

LEVEL-R037-i5-XNicon
i5 8400 + GTX 1080 Tiで159,980円~(税別)です。(2018/01/03現在)
LEVEL-FA39-LCRT5X-XNDVIicon
AMD Ryzen Threadripper 1950X + GTX 1080 Ti x2で508,980円~(税別)です。(2018/01/03現在)

[番外編]もし新規でマイニング用の自作PCを組むなら

CPU:Intel Core i7 8700K (6コア12スレッド 3.7~4.7GHz)
CPUクーラー:EVGA 400-HY-CL28-V1 (280mm 簡易水冷クーラー)
GPU:EVGA GeForce GTX 1080 Ti SC2 HYBRID (簡易水冷クーラー)
メモリ:Crucial W4U2400CM-8G (DDR4-2400 8GB x2枚)
マザーボード:ASRock Z370 Pro4
SSD:サムスン 850 EVO MZ-75E500B/IT
電源:Corsair RM750x CP-9020092-JP (750W 80PLUS GOLD)
ケース:Fractal Design Define R5
OS:Windows 10 Home 64bit

上記構成で25万円強です。
予算がもっとあるなら、GTX 1080 Tiを2枚にしたり、X299チップセットに変更しても良いでしょう。

ポイントは、CPUクーラーとビデオカードに簡易水冷を選んだところです。

今の時期は室温が低いので問題になりませんが、夏は熱問題がでてくるので、そうしています。

わたしは、保証が長めのEVGAを選択しましたが、別に他社製のものでも問題ありません。

仮想通貨取引所・販売所の関連記事

登録してから実際に使えるようになるまでに時間がかかるので、
仮想通貨が気になっている方は、早めにZaifbitFlyerCoincheckのアカウントを作成することをオススメします。

作成方法は下記の記事で解説しているので、そちらを参考にしてください。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします