Zaifで2段階認証を設定する方法

Zaif

Zaifで2段階認証を設定する方法を紹介します。

2段階認証を設定しておけば、アカウントの不正利用(乗っ取りなど)を防止できるので、必ず設定しておきましょう

この記事はZaifのアカウントを作成済みであることを前提に進めていきます。

まだ作ってないよという方は、下記記事を参考にしてください。
Zaifで仮想通貨用口座を登録・作成する方法

※記事内のスクリーンショットは全てZaifより引用しています

スポンサーリンク

Zaifで2段階認証を設定する方法

1.Zaifのトップページへ行きます。

2.画面右上にあるログインをクリックします。

Zaifで2段階認証を設定する方法(手順02)

3.ログイン画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力して、ログインをクリックします。

Zaifで2段階認証を設定する方法(手順03)

4.画面右上のアカウントをクリックします。

Zaifで2段階認証を設定する方法(手順04)

5.登録情報と本人確認の下にあるセキュリティをクリックします。

Zaifで2段階認証を設定する方法(手順05)

6.2段階認証設定をクリックします。

Zaifで2段階認証を設定する方法(手順06)

7.対応しているアプリケーションが表示されるので、ダウンロード&インストールを済ませて、2段階認証の設定を開始をクリックします。

今回はGoogle認証システムを使います。

Zaifで2段階認証を設定する方法(手順07)

8.スマートフォンでGoogle認証システムを起動して、右下にある+ボタンをタップ、バーコードをスキャンをタップします。

9.カメラが起動したら、画面に表示されているQRコードに枠を合わせてください。

認識されると自動的に読み込まれ、zaif.jp:メールアドレスという項目が追加されます。

10.Google認証システムに表示されている6桁の数字を入力して、確認をクリックします。

6桁の数字は一定時間ごとに変わります。
入力が間に合わないなという時は、新しい数字に切り替わってから、入力しましょう。

Zaifで2段階認証を設定する方法(手順10)

11.2段階認証の設定を有効化しましたと表示されたらOKですが、作業はもう少し続きます。

Zaifで2段階認証を設定する方法(手順11)

12.画面をスクロールして、バックアップコードの確認と印刷をクリックします。

Zaifで2段階認証を設定する方法(手順12)

13.バックアップコードが10個表示されるので、印刷しておきましょう。

このコードは万が一の時(ロックしていないスマホを紛失して乗っ取られた場合など)に使うので、印刷したものは大切に保管しましょう。

補足

パソコンでログインする度に2段階認証をするのが面倒だという場合は、ログイン時に「このコンピューターを信頼する」にチェックを入れると、入力を省略できるようになります。

注)この機能(コンピューターの信頼)は公共のパソコンでは絶対に使わないでください

仮想通貨取引所・販売所の関連記事

仮想通貨取引所・販売所の関連記事

仮想通貨が気になっている方は、早めにZaifbitFlyerのアカウントを作成することをオススメします。

理由は、登録してから実際に使えるようになるまでに時間がかかるから。

作成方法は別記事で解説しているので、そちらを参考にしてください。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします