これからAMD Ryzen Threadripperを買う人は個人輸入すればいいと思うよ

Threadripperを個人輸入

価格改定が入ったのか、ご祝儀価格が終わったのかは知りませんがAMD Ryzen Threadripperの国内価格がだいぶ下がりました。

4Gamer.netによれば、1950Xが約1万9千円、1920Xが約1万4千円の値下げです。

2017/08/23現在、価格.comの最安値は、1950Xが138,240円~、1920Xが109,800円となっています。

とはいっても、まだまだ個人輸入した方が安いです。

アメリカのamazon(.com 通称:米尼)なら、1950Xが$1091.65(約119,514円)、1920Xが$875.85(約95,871円)で購入できます。

※上記は2017/08/23の価格で通常配送を選択した場合のもの(送料・税金込)

日本国内の価格と比較すると、1950Xが約18,726円、1920Xが約13,929円お得です。

※1~2ヶ月後にデポジットの一部返金があるので、実際にはもう少し安く買えます

スポンサーリンク

個人輸入って難しくないの?

一度でも日本のamazon(co.jp)を使ったことがあるなら、楽勝です。
表記はもちろん英語ですが、UI(見た目)もほぼ同じなので心配ありません。

amazon.comから個人輸入する方法については、解説記事を書いているので、下記をご覧ください。

EVGA製品をamazon.com(アメリカ 通称:米尼)で購入・個人輸入する方法

保証はどうなるの?

おそらく、amazon.comの初期不良対応(30日間)のみとなるはずです。
基本的にCPUは壊れにくいものなので、それだけで十分かと思います。

思ったこととか

CPUと言えば、国内外の価格差が少ないものと思っていましたが、今回で認識が変わりました。

これだけ価格差があると、さすがに個人輸入に流れる人が増えるのではないかと感じています。

CPUを個人輸入すれば、マザーボードを一つ上のものにアップグレードみたいなことができちゃう差ですし。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索