SIMフリースマホ SONY Xperia XZs G8232のレビュー

SONY Xperia XZs G8232本体表側

SIMフリースマホ SONY Xperia XZs G8232のレビューをします。

同製品はXperia XZ(F8332)のマイナーチェンジ版で、メモリ容量(3GB→4GB)とメインカメラ(2300万画素→1900万画素Motion Eye)が主な変更点です。

XZとXZsの本体サイズは変わらないので、フィルムやケースはXZ用、XZs用のどちらも利用できます。

SONY Xperia XZs G8232のスペック
システム Android 7.1 (Nougat)
プロセッサ Qualcomm MSM8996 Snapdragon 820
メモリ 内蔵ストレージ:64 GB
RAM:4GB
microSDスロット 有(最大256GB)
ディスプレイ 5.2インチ
1080 x 1920ピクセル
サイズ 146 x 72 x 8.1 mm
約161g
バッテリー 2900mAh
カメラ リア:約1900万画素
フロント:約1300万画素
ネットワーク 4G:LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/26/28/29/32/38/39/40/41
TD-LTE Band:38/40/41
3G:800/850/900/1700(AWS)/1900/2100
GSM:850/900/1800/1900 MHz
ワイヤレス Bluetooth:4.2
802.11 a/b/g/n/ac
SIMタイプ nano-SIM
スポンサーリンク

SONY Xperia XZs G8232のレビュー

SONY Xperia XZs G8232のパッケージ

パッケージの様子です。
XPERIAの文字部分は光の当て方によって、キラッと色が変わります。

SONY Xperia XZs G8232のパッケージを開けた様子

パッケージを開けるとすぐに本体がお目見えします。
わたしが購入したのはブラックで、他にシルバーとブルーがあります。

SONY Xperia XZs G8232の製品内容(付属品)

製品内容(付属品)は下記。

  • Xperia XZs本体
  • イヤホン
  • USBケーブル(Type-A to Type-C)
  • 充電器(海外向け)
  • 冊子

SONY Xperia XZs G8232本体表側

本体表側の様子。
フィルムを貼る前に、NFC位置を表すシールを剥がす必要があります。

SONY Xperia XZs G8232本体上面

本体上面にはイヤホン端子があります。

SONY Xperia XZs G8232本体下面

本体下面にはUSB Type-C端子があります。

SONY Xperia XZs G8232本体右側面

右側面の様子。
左からシャッターボタン、ボリュームダウン・アップボタン、電源ボタン(指紋認証対応)となっています。

SONY Xperia XZs G8232本体左側面

左側面にはSIMカードスロットがあります。
ピンは不要で、ツメを引っ掛ければ引き出せるタイプです。

SONY Xperia XZs G8232本体背面

本体背面の様子です。
背面はかなり指紋が付きやすくなっています。

SONY Xperia XZs G8232のSIMカードトレイ

SIMカードトレイの様子。
一応ゴムパッキンのような素材が付いているので、防水効果はあるのかもしれません。

SIMカード1は単独で、SIMカード2とmicroSDカードは排他利用となっています。

ベンチマーク結果

Antutu Benchmarkで、XZsの性能を計測しました。

総合スコア 133365
3D 56389
UX 42003
CPU 26688
RAM 8285

SONY Xperia XZs G8232のベンチマーク結果(Antutu Benchmark)

良いところ

カメラが面白い
スローモーション動画を手軽に撮れるのは良いですね。
使い方しだいで面白い動画が撮れるかもしれません。
シャッターボタンが便利
ボリュームアップ・ダウンボタンでズーム変更、さらにシャッターボタンがあるので、デジカメのような感覚で写真を撮れます。
USB Type-Cはやはり楽
端子の向きを考えずにケーブルを抜き差しできるのは楽ちんです。
今後はType-Cを採用したスマホが増えるでしょうから、対応の充電スタンドを買うのもありでしょう。

ちなみに、わたしはGracetopの充電スタンドを使っています。

残念なところ

技適がない
現状ではEU、アメリカ、台湾の認証だけです。
国内で使いたい方は、今後のアップデートに期待する他ありません。
まぁ、海外向けモデルなので一生認証されない可能性もありますが。

購入について

わたしは12ヶ月保証が欲しかったので、Etorenから個人輸入して、合計金額は67,886円(送料+税込)でした。

購入方法は別記事にまとめたので、そちらをご覧ください。
EtorenでSIMフリースマートフォンを購入・個人輸入する方法

保証が短くて良い方は、amazonで並行輸入品を購入するのが安いかと思います。

ケース、保護フィルムについて

記事の頭でも書きましたが、ケースと保護フィルムはXZ用、XZs用どちらも利用できます。
わたしは、レイ・アウトのXZs用ケース+フィルムを購入しました。

SONY Xperia XZs G8232用に購入したケースとフィルム

購入したケースは、電源ボタンの部分が広く取られていているので、指紋認証の動作も問題ありません。
また、ストラップホールが付いているのは便利です。

弱点としては、カメラのシャッターボタンがやや押しにくいこと(半押しでのピント合わせがしにくい)、背面に指紋が付きやすいことが挙げられます。

フィルムの方はさらさらで操作しやすいです。
ただ、サイズはやや小さいかなと思います。

思ったこととか

XZsで撮ったスローモーション動画を見て、欲しくなり、つい買ってしまいました。

当初はBlackBerry KEYONEを購入するつもりだったので、大きく予定が変わりましたが、当面は遊べそうなので良しとします。

SIMフリー スマートフォンの関連記事

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索