SSD搭載高速レンタルサーバー MixHostをレビュー!エックスサーバーとの速度比較もあるよ

SSD搭載高速レンタルサーバー MixHostをレビュー!エックスサーバーとの速度比較もあるよ

高速レンタルサーバー MixHostをレビューします。

同サーバーはSSDを搭載していること、LiteSpeedを日本で初めて採用していることが特徴です。

移転前に使用していたエックスサーバーとの速度比較も記載するので、サーバー移転を考えている方はぜひチェックしていってください。

MixHost トップページ

スポンサーリンク

SSD搭載高速レンタルサーバー MixHostをレビュー!エックスサーバーとの速度比較もあるよ

まずはMixHostのプランを確認します。
種類は5つです。

エコノミースタンダードプレミアムビジネスビジネスプラス
初期費用無料
月額料金480円980円1,980円3,980円5,980円
容量SSD 10GBSSD 20GBSSD 40GBSSD 60GBSSD 80GB
CPU仮想1コア仮想2コア仮想3コア仮想4コア仮想5コア
メモリ512MBメモリ1GBメモリ2GBメモリ4GBメモリ6GBメモリ

MixHost ご利用料金

上位プランに変えてもスペックが変わらず、転送可能量だけ増えるレンタルサーバーもありますが、MixHostは上位プランに変えれば、きっちりスペックアップしてくれるので、いざという時も安心です。

すべてのプランでSSDが搭載されているのもポイントとなります。
簡単に言うと、SSD(ソリッドステートドライブ)はHDDよりかなり高速な記憶装置です。

以前、ノートPCのHDDとSSDを交換したところ、パソコンの起動時間が97秒から13秒になりました。

SSDを使ったことがない人には分かりにくいでしょうが、HDDとSSDでは大きな速度差があるということだけ理解してください。

LiteSpeedとは

LiteSpeedはApacheと互換性があり、より高速なウェブサーバー。
LITESPEED TECHNOLOGIESが発表したベンチマークテストでは、下記のような結果となっています。

  • 3361% faster than Apache 2.2 using suPHP.
  • 3911% faster than Apache 2.4 using suPHP.
  • 55% faster than Apache 2.2 with mod_PHP.
  • 220% faster than Apache 2.2 with PHP-FPM.
  • 174% faster than Apache 2.4 with PHP-FPM.
  • 76% faster than nginx with PHP-FPM.
  • 23% faster than LiteSpeed Enterprise with PHP-FPM.

MixHostとエックスサーバーの表示速度比較

ここまで読んでくれた方は、なんとなく速いっぽいぞということが分かったと思います。

で、実際のところはどうなの?ということで、MixHostとエックスサーバーの表示速度比較を行いました。
※MixHostはLiteSpeed、エックスサーバーはApacheを採用しています

テストは、当ブログ(WordPressで運営)のトップページをGTmetrixで3回計測し、平均化するというもの。

一番速い状態で比べた方が差が分かりやすいかと考え、MixHostはLiteSpeed Cacheプラグイン+Webサイトの最適化、エックスサーバーはW3 Total Cacheプラグインを使った状態にしています。

※テストを行う時間帯は合わせましたが、サーバー移転の都合上、日にちは変わっていますので、参考値としてください

表示速度ページサイズリクエスト数
MixHost2.53s463KB28
エックスサーバー3.43s879KB39

3つ全ての項目で、MixHostが勝る結果となりました。
ページサイズに大きな差が出たことを考えると、画像が多い記事ではもっと差がでやすくなるかもしれません。

MixHostの良いところ

速い
サイトの表示速度もですが、個人的にはWordPressの管理画面がキビキビと動くようになったことが嬉しいです。
安い
わたしの場合はエコノミープラン(480円)で全く問題ありませんし、初期費用が無料というのもポイント高いです。
SSLが無料
世界NO.1シェア COMODO社のSSLが無料で使えるということで、わたしも移転をきっかけにSSL化を行いました。
お試し期間が長い
一般的なレンタルサーバーのお試し期間は10~14日とかなので、MixHostは倍以上の長さとなります。
機能を色々と試せるのは大きいでしょう。

MixHostの残念なところ

容量は少なめ
SSDはHDDに比べて容量単価が高いので、まぁ仕方ないことです。
ちなみに、わたしはWordPress 1サイトで500MB強しか使っていないので、まだまだ余裕があります。

プランとPV、転送量の目安

プランとPV、転送量の目安は下記のようになっています。

  • エコノミー(480円/月):50万PV/月、30GB/日
  • スタンダード(980円/月):100万PV/月、60GB/日
  • プレミアム(1,980円/月):200万PV/月、90GB/日
  • ビジネス(3,980円/月):400万PV/月、120GB/日
  • ビジネスプラス(5,980円/月):600万PV/月、150GB/日

契約プランはとてもフレキシブルで、簡単にアップグレード/ダウングレードが可能です。

また、支払後に即時反映されるので、バズった時は上位プランに変更といったこともできます。

プランごとのPV数の目安を教えて下さい
データー転送量の制限はありますか?
ご契約プランの変更方法

思ったこととか

今まで使っていたサーバーよりも速く、月額料金も半分以下なんて最高です。

現在は無料お試し期間中ですが、今後はMixHostでサイト運営をして行こうと思います。

MixHost トップページ

MixHostレンタルサーバーの関連記事

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索