360度ステレオスピーカー SoundPEATS P4のレビュー

SoundPEATS P4本体前面の様子

360度ステレオスピーカー SoundPEATS P4のレビューをします。

屋外で使える防水スピーカーを探している方は、サクっと読んでいってください。

メーカーページ

※この記事はSoundPeats社からのレビュー依頼を受け、製品を提供していただき、執筆しています

スポンサーリンク

SoundPEATS P4のレビュー

SoundPEATS P4のパッケージ

パッケージの様子。
ティッシュ箱より少し小さく、少し高さがあるぐらいのサイズ感です。

SoundPEATS P4の製品内容

製品内容は下記。

  • スピーカー本体
  • 3.5mmステレオケーブル
  • 充電用USBケーブル
  • ユーザーガイド

SoundPEATS P4本体前面の様子

本体前面の様子。
筒状に見えますが、完全な筒状ではありません。

SoundPEATS P4本体を横から見た様子

横から見ると、上部が斜めになっています。

SoundPEATS P4本体上部の様子

本体上部の様子。
外周部は音量ダイアルで、右に回すと音量UP、左に回すと音量Downとなります。

無線(Bluetooth)で接続している場合に、中央部分を右になぞると曲送り、左になぞると曲戻しができます。

SoundPEATS P4本体底面の様子

本体底面部に電源ボタンがあります。

SoundPEATS P4のAUX・USB端子

USB端子とAUX端子は後面下部にあり、ラバーでカバーされています。

SoundPEATS P4とスマホを有線接続した様子

スマホと有線接続した様子。

SoundPEATS P4とスマホを無線接続した様子

無線接続する場合は本体の電源ボタンを長押ししてから、スマホを操作します。
Androidの場合は設定>無線とネットワーク>Bluetoothから設定してください。

良いところ

音質はまぁまぁよい
3,980円(2016/12/10時点)のスピーカーとしては、低音がよく出ていますし、十分な音質です。

ただ、少し曇っている感じはあるので、静かな音楽をじっくりと聴くよりは、元気のよい曲をラフに聴く用途に向いています。
有線・無線両対応
3.5mmステレオケーブル・Bluetooth接続の両方に対応しているのは便利です。

残念なところ

解説の音量が大きすぎる
電源をONにします、電源をOFFにしますなど、操作に応じた解説音が流れるのですが、音が大きすぎます。

壁が薄いワンルームなどで、電源ON・OFFやペアリング動作を行うと苦情がくるかもしれません。
音量を覚えてくれない
有線接続の状態で音量を調整後、電源OFFにして、再度電源を入れると音量がデフォルトに戻されます。

音量設定を保持する機能が無いと、いきなり大きな音が出るといったことになりかねないので、不便です。

思ったこととか

防水機能がありますし、キャンプなどの屋外で使うのがよいかと思います。
500mmのペットボトルより小さいので、車のドリンクホルダーに置いて、車内用オーディオとして使うのもありでしょう。

残念ですが、上記の通り、解説の音量が大きすぎるので、日本国内の集合住宅で使うのはオススメできません。

もし、メーカー側が室内での利用も想定しているのであれば、解説の音量を3~4段階下げる必要があると思います。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索