amazonでPCパーツを買うメリットとデメリット

自作PCのアイキャッチ 自作PC

あなたは普段どこで自作PCパーツを購入しているでしょうか?

秋葉原や日本橋などの店頭ですか?それとも通販ですか?

わたしの場合は、8割ぐらいがamazonで、次点にツクモパソコンSHOPアークといった感じで、基本的に通販しか使っていません。

この記事では、なぜわたしがamazonを多用するのか、amazonでPCパーツを買うメリットとデメリットなんかを考えてみたいと思います。

amazon (PCパーツカテゴリ)

スポンサーリンク

メリット

全体的に安い
すべてのものが最安という訳ではありませんが、全体的に安い傾向にあります。
送料無料なりやすい
注文合計が2,000円以上で送料無料なので、他のPCパーツショップに比べると使いやすいです。

PCパーツなら、小物(グリスなど)を単品で買わない限り、送料はかかりませんし、モニターやPCケースなどの大きいものでも、基本送料無料です。

※わたしはamazonプライム会員なので、発送までが早く、時間帯指定も可能です。
返品・返金受付期間が長い
PCショップの場合、初期不良対応は7~10日間程度ですが、amazonの場合は商品到着後30日となっています。
初期不良時の返品・交換が楽
PCショップだと、問い合わせ→返送→動作確認→交換といった形で1週間以上かかることもざらですが、amazonなら数日で交換品が届きますし、さらに返送料は無料です。

デメリット

代理店やメーカーへの取次は行ってくれない
返品・返金受付期間後に故障した場合は、自分で代理店やメーカーに問い合わせる必要があります。
ただ、これはデメリットでもありますが、ショップを挟まない分対応が早くなるというメリットでもあります。

思ったこととか

応援したいPCパーツショップがあれば別ですが、ない場合はamazonを使っとけ(オススメする)というのが、わたしの現在のスタンスです。

初期不良に当たることはそう多くはありませんが、当たった時の対処スピードが速いのはやはり大きなメリットですし、ショップだと相性で済まされるパターンでも、返品・交換が可能な点は長所でしょう。

もちろん、何でもかんでも返品すればいいということではありませんが。

amazon (PCパーツカテゴリ)

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク