Broadwell-Eは6、8、10コアで、2016年Q2に登場か?

自作PCのアイキャッチ 自作PC

どうも、九荻 新です。

Fallout4が楽しすぎて、書き忘れていたニュースを今回は取り扱います。

この話自体は2015年11月中旬に出てきたものなので、チェック済みの方はさらっと読んでいってください。

※Broadwell-Eは、現在発売されているHaswell-Eの後継にあたるCPUシリーズのこと

スポンサーリンク

Broadwell-Eは6、8、10コアで、2016年Q2に登場か?

以前のニュースでは、6、8コアで2016年Q1(1~3月)に発売されるとの話でしたが、今回のニュースでは6、8、10コア構成で2016年Q2(4~6月)に登場という噂に変わっています。

benchmark.info(中文)によれば、下記の様なスペックになるようです。

CPU名 コア/スレッド数 クロック(ブースト時) キャッシュ メモリ
i7 6950X 10/20 3.0GHz(3.5GHz) 25MB DDR4-2400
i7 6900K 8/16 3.2GHz(3.7GHz) 20MB DDR4-2400
i7 6850K 6/12 3.6GHz(3.8GHz) 15MB DDR4-2400
i7 6800K 6/12 3.4GHz(3.6GHz) 15MB DDR4-2400
i7 5960X 8/16 3.0GHz(3.5GHz) 20MB DDR4-2133
i7 5930K 6/12 3.5GHz(3.7GHz) 15MB DDR4-2133
i7 5820K 6/12 3.3GHz(3.6GHz) 15MB DDR4-2133

Intel Core i7 “Broadwell-E” to Launch in Q2-2016 (TECHPOWERUP)
Intel Broadwell-E HEDT processors tipped to launch in Q2 2016 (VR-ZONE)

思ったこととか

あくまで噂なので、ニュースやスペックの真偽については分かりませんが、10コアというのは夢があっていいですね。

私の用途では4~6コアで十分なのでしょうが、本当に10コアが出てくるのであれば買ってしまうかもしれません。

ただ、Skylake-Eのことを考えると手を出しにくくもあります。
順調に?遅れてくれるのであれば、Broadwell-Eを買う決心がつくのですけれど。

まぁ、早くても約4ヶ月、遅ければ約7ヶ月あるので、続報を待つことにします。

2016/05/31追記
本日15時より、Broadwell-Eシリーズが発売となりました。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク