首掛けタイプのBluetoothイヤホン SoundPEATS Q800のレビュー

SoundPEATS Q800本体 ハードウェア

首掛けタイプのBluetoothイヤホン SoundPEATS Q800のレビューをします。

この製品がどんな感じか知りたい、Bluetoothイヤホンを探しているなんて方は、さらっと読んでいってください。

メーカー製品情報ページ

※この記事はSoundPeats社からのレビュー依頼を受け、製品を提供していただき、執筆しています

スポンサーリンク

SoundPEATS Q800のレビュー

SoundPEATS Q800のパッケージ

パッケージサイズは17.5×19.5×2.5cm。

SoundPEATS Q800の製品内容

製品内容は下記。

  • Q800本体
  • 充電用USBケーブル
  • イヤーピース3セット(一つは装着済)
  • コード調節用のプラスチック2個(予備)
  • マニュアル
SoundPEATS Q800本体(使用図)

本体からイヤホン部を取り外し、首の後ろから掛け、使用する形になります。
赤枠部分のプラスチックを移動させることで、ケーブル長を調整可能です。

本体重量は約30gなので重くはありません。
ただ、鎖骨に当たるので、薄着の場合は少しくすぐったいかも。

SoundPEATS Q800本体右内側のスイッチとコネクタ

本体右側の内側にON・OFFスイッチと充電用コネクタがあります。

SoundPEATS Q800にUSBケーブルを挿した様子

充電用ケーブルを挿した様子です。

長所

ボタン類が充実している
本体左側には一時停止・再生、次の曲、前の曲ボタン、右側にはコール、音量マイナス、音量プラスボタンが配置されています。

SoundPEATS Q800本体左側のボタン類

SoundPEATS Q800本体右側のボタン類
装着に違和感がない
イヤホン部は一般的なカナル型なので、耳掛け式と違って違和感がありません。
本体にイヤホンを収納できる
イヤホンの後部がマグネットになっているので、本体先端にしまうことができます。その為、カバンのなかでコードが絡まったり、ねじれたりする心配がありません。

SoundPEATS Q800本体にイヤホン部を収めた様子

短所

取り外しにくい
イヤホンの後部が球形なので、つかみどころがなく、取り外しにくいです。
仕方ないので、コードを引っ張って、耳から抜いています。

SoundPEATS Q800のイヤホン部分
うっすらとノイズがのる
私の環境では、サーというノイズがのります。
amazonのレビューを見る限り、評判は良いようなので、私がハズレ個体を引いただけなのかもしれませんが。

思ったこととか

デザインやコンセプトは面白い製品だと思います。
ノイズを抜きにした音質面は特に問題ありません。

ただ、先日レビューを書いたSoundPeats Q9Aと比べると、一段落ちる感じです。

予算が許すのであれば、Q9Aを選んだ方が満足度は高いでしょう。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク