EVGA GeForce GTX 980 Ti FTWが発売開始

EVGA GeForce GTX 980 Ti FTW本体とパッケージ 自作PC

EVGA GeForce GTX 980 Ti FTWが発売開始となりました。
型番は06G-P4-4996-KRで、EVGA公式ストアの価格は$689.99

FTWはSuperclocked+(1102-1190MHz)とClassified(1190-1291MHz)の間に位置する製品で、クロックは1190-1291MHz。

Classifiedの動作クロック、バックプレート付きであることは同じですが、電源フェーズ数とファンの大きさが違いがあります。

FTWは8+2フェーズでブラケットに収まるファン、Classifiedは14+3フェーズでブラケットより高さのある大型ファンとなっています。

EVGA GeForce GTX 980 Ti FTW本体とパッケージ
EVGA GeForce GTX 980 Ti FTWの本体裏側(バックプレート)

EVGA公式サイトより引用

EVGA GeForce GTX 980 Ti FTW ACX 2.0+のスペック
GPU Nvidia GeForce GTX 980 Ti
コアクロック(Boostクロック) 1190MHz(1291MHz)
メモリ容量(バス幅) GDDR5 6GB(384bit)
メモリクロック 7010MHz
補助電源 8pin x2
サイズ(高さx長さ) 111.15mm x 266.7mm
スロット占有数 2スロット
出力端子 DVI-I,HDMI,DisplayPort x3
保証 3年

製品情報ページ
特設ページ

スポンサーリンク

思ったこととか

オーバークロックはあまりしないけど高クロックな製品が欲しい、大きいファンだとケースに入らないという方には合っているのかもしれません。

ただ、Classifiedと$10しか変わらないので微妙な印象です。
あと$5~10違えば、差異が生まれるのにとも思います。

まぁ、そうなるとSuperclocked+の需要が減ってしまうので仕方ないのかもしれませんが。

ちなみに、amazon.comの商品ページはすでに作成されています。
日本へ直送可能で、注文もできますが、この記事を書いている時点では在庫なしとなっています。

EVGAへのこだわりがなければ、同価格帯のZOTAC GeForce GTX 980 Ti AMP! Extremeを選択肢に入れても良いでしょう。

AMP! ExtremeはClassifiedよりも高クロックで、メモリもオーバークロックされていますし。
※2.5スロット占有で、高さがあるファンであることには注意してください

EVGA関連の主要記事

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク