EVGA GTX 950搭載ビデオカード 4製品を公開

EVGA GeForce GTX 950 FTW ACX 2.0の本体とパッケージ

2015/08/20にミドルレンジの新GPU GeForce GTX 950シリーズが発売となりました。
それに伴い、EVGA GTX 950搭載ビデオカード 4製品が公開されています。

EVGA GeForce GTX 950 FTW ACX 2.0の本体とパッケージ

EVGA公式サイトより引用

今回、公開されたのは下記の4製品。

各製品の違いを簡単に説明します。
FTWは上位モデルでバックプレート付き、PCI-E 8pin、BIOSが2つ。
SSCは中位モデルでバックプレートはオプション扱い、PCI-E 8pin、BIOSが2つ。

Superclocked+はショート基板をプレートで伸ばして、デュアルファンクーラーを搭載したモデル、PCI-E 6pin、BIOSは1つ。

Superclockedはショート基板にシングルファンクーラーを搭載したモデル、PCI-E 6pin、BIOSは1つ。

EVGA GTX 950 スペック比較
コアクロック ブーストクロック 価格(公式ストア)
FTW 1203MHz 1405MHz $179.99
SSC 1190MHz 1393MHz $169.99
Superclocked+ 1165MHz 1355MHz $169.99
Superclocked 1152MHz 1342MHz $159.99

GDDR5 2GB(128bit)、6610MHzは共通。

EVGA GTX 950特設ページ
EVGA GTX 950製品一覧ページ

スポンサーリンク

補足

GTX 950はハイエンドGPUと違い、日本国内と海外の価格差がほとんどないので、EVGA製品を個人輸入するメリットはほとんどありません。
むしろ、送料分高くなります。

メリットがあるとすれば、3年保証だということぐらいです。
長く使いたい人にとっては大きな違いになるかもしれません。

すでにamazon.comには4製品の商品ページが作成されており、日本への直送も可能です。
ただ、EVGA公式ストアより少し高めの価格設定となっています。

EVGA関連の主要記事

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索