手遅れになる前にWindowsのバックアップを取ってみよう

Macrium Reflect Free Editionの起動画面 PCソフトウェア

あなたは定期的にWindowsのバックアップを取っていますか?

もし、答えがいいえなら、ぜひこの記事を読んでいって下さい。

まじめな話、バックアップを後回しにすると、ろくな事になりません。
Windowsが起動しなくなったら手遅れです。

Windowsが正常に起動する今こそ、バックアップを取りましょう。

というわけで、この記事ではバックアップするメリット、オススメのバックアップ方法を紹介します。

スポンサーリンク

バックアップするメリット

いつWindowsが起動しなくなるかなんて、誰にも分かりません。

起動しなくなる理由も、Windows Updateにバグがあった、コンピューターウイルスの感染、HDD・SSDが壊れた等、様々でしょう。

ただ、バックアップ無しでその日を迎えると、悲惨な目に遭うことは確かです。

メールや動画、写真などが、一気に吹っ飛び、復旧する手間もかかります。

Windowsの再インストールから始まって、Windows Update、ソフトの入れなおしや設定が必要です。

不慣れな人なら、復旧までに一日以上かかるでしょう。
仮に復旧できても、消えたデータは帰ってきません

もし、あなたがバックアップしていれば、こんな被害を最小限に抑えることができます。

仮にソフト的な不具合なら数十分程度。
故障の場合なら、HDD・SSDの交換時間 + 数十分で、元の環境・データを復元できます。

これでも、まだあなたはバックアップを先延ばしにしますか?

オススメのバックアップ方法

Windows自身にもバックアップ機能はありますが、私はMacrium Reflect Free Editionでのバックアップをオススメします。

同ソフトをオススメする理由は下記。

  • 十数回程度、復元に使ったが一度も失敗したことがない
  • 個人なら無料で使用可能
  • Windows XP,Vista,7,8,8.1に対応している
  • 多機能である(スケジュールバックアップ、クローンなど)

唯一の欠点があるとすれば、表示言語が英語(日本語は無し)であること。
※難しい単語はつかわれていませんし、使い方も簡単なので身構える必要はありません。

Macrium Reflect Free Editionの使い方は、下記記事にて解説しています。

さいごに

Windowsが起動しなくなったらパソコンを買い換えるという太っ腹な方、OSの再インストールや環境構築が三度の飯より好きという方に、無理にバックアップをすすめる様なことはしません。

ただ、上に該当しない方は、ぜひバックアップを取って下さい。
いつかバックアップを取っていて良かったという日が来るはずです。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク