QTCF.dllがないというエラーが出る時の対策方法

QTCF.dllのエラーダイアログ

QTCF.dllがないというエラーが出る時の対策方法を紹介します。

下記のような環境の場合、このエラーに遭遇することがあります。
TMPGEnc Video Mastering Works 5 + Windows 8.1 + QuickTime
※Windows 7の時はこのエラーは出なかったと思います。

エラーメッセージは下記。

コンピューターにQTCF.dllがないため、プログラムを開始できません。
この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。

ちなみにエラーダイアログ通りに再インストールしても、この問題は解決できません

対策方法では、QuickTimeをインストール済みであることを前提に進めます。
まだ入れていない方は、インストールしておいてください。

スポンサーリンク

対策方法

1.下記パスにあるQTCF.dllをコピーします。

C:\Program Files (x86)\QuickTime\QTSystem\QTCF.dll

2.下記パスになるように、QTCF.dllを貼り付けます。

C:\Program Files (x86)\Pegasys Inc\TMPGEnc Video Mastering Works 5\QTCF.dll

これで対策方法は終了です。

ちなみに下記パスのようにしてもエラーメッセージは出なくなります。

C:\Windows\System\QTCF.dll

注)両方に貼り付ける必要はありません。どちらか片方を行って下さい。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索