内蔵HDDの選び方

自作PCのアイキャッチ

私、九荻 新(くおぎ あらた)が、3.5インチ内蔵HDDを選ぶ際の基準にしているポイントを紹介します。

HDDの選び方が分からない方の助けになれば、幸いです。

スポンサーリンク

メーカーで選ぶ

2014/07現在、3.5インチ内蔵HDDを選ぶなら下記の4メーカーからになります。

2013/10時点でのシェアは、Western Digitalが45%、Seagateが40%、東芝が15%となっています。
※HGSTは、Western Digital傘下。
日本HDD協会2013年10月セミナーレポート

この中には、極端なハズレメーカーがありません。
身も蓋もない言い方ですが、好きなメーカーを選べば良いと思います。

容量単価で選ぶ

HDDの容量をあまり使わないという方でなければ、1GBあたりの価格が一番安い容量の製品を買うと、後々満足度が高いと思います。

要は、コストパフォーマンスに優れた容量の製品を買っとけって事です。

2014/07現在、一番コストパフォーマンスに優れる容量は、3TB

回転数で選ぶ

最近のHDDは、普通に使う分には十分な速さなので、回転数は気にしなくてもOKです。

もっと速いものが欲しければ、SSDを買えば済みますし。

RMAで選ぶ

RMAとは、メーカー保証期間内に壊れた際、同等品と交換して貰えるサービスの事。

RMAで大事なのは、以下の3点。

  • RMAサービスの有無
  • 送付先
  • RMA保証期間

まとめると下記の様になります。

メーカーRMAの有無送付先期間
Western Digitalベトナム2年~
Seagate千葉2年~
HGST千葉3年(BOX品)
東芝

東芝以外の3社は、RMAサービスを設けています。
ここで、重要になってくるのが送付先です。

Seagate,HGSTは千葉なので、誰でも手軽に安く送れます。

Western Digitalは、海外なので若干手間がかかります。
また、送料が国内に比べ、高くなりがちな点も頭に入れておきましょう。

注)送付先や保証期間は、今後変わる場合があります。

2014/07/31追記
Western DigitalのRMA送付先は、マレーシアに変更されました。

補足

メーカー、シリーズでRMA保証期間は異なります。

Western DigitalのRMA保証期間
保証期間
WD Green2年
WD Blue2年
WD Red3年
WD Black5年
WD VelociRaptor5年
SeagateのRMA保証期間
保証期間
Desktop HDD2年
NAS HDD3年

HGSTは、BOX品(パッケージ版)が3年。バルクは不明。

まとめ

RMAの所がゴチャゴチャして、分かりにくかったと思います。すみません。

まとめとして言いたいのは、好きなメーカーで、一番コスパの良い容量のHDDを買えば、まず間違いないという事。

※Western Digital,Seagateならバルク、HGSTならBOX品を、東芝ならMARSHAL扱いのリテール品(3年保証)をオススメします。

もし、私が今HDDを買うならば、Seagate ST3000DM001を選ぶでしょう。
理由は、既に持っている2台が安定しているからです。

Western Digitalを選ばない理由は、ここ数年でハズレ(故障品)を引く確率が高かった事と、RMAで故障品が送られてきた事があるから。

HGST、東芝を選ばない理由は、単純にお高いから。

同じ値段払うなら、Seagate ST4000DM000(4TB)、又はNAS向けのSeagate ST3000VN000(3TB)を買うと思います。

注意点

メーカー保証、代理店保証の両方が無い製品も流通しているようです。

親切なショップの場合、商品説明に記載されていたりするので、見逃さない様にご注意下さい。

※HGSTの3TBモデル(BOX品)が無かったので、4TBモデルを掲載。

スポンサーリンク

自作PCのアイキャッチ

お役に立ったら、シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)