CFD SSD S6TNHG6Qシリーズが発売

自作PCのアイキャッチ

SSD S6TNHG5Qシリーズの後継、CFD SSD S6TNHG6Qシリーズが2014/03/15に発売開始となりました。

TOSHIBA製SSD(HG6y)を採用。
ランダムアクセスの向上が謳われています。
パッケージは赤からピンクパーブル?に変更。

SSD S6TNHG6Qシリーズ メーカー製品情報ページにて、CSSD-S6T256NHG6Q(256GB)のベンチマーク結果が公表されています。

4K QD32 Writeは、S6TNHG5Qに比べて伸びているものの、4K Writeは負け、その他は大して変わりません。
注)S6TNHG5Qのベンチマーク結果は128GBのものなので参考程度に

SSD S6TNHG6Qシリーズ ラインナップ
型番 容量 Seq-Read Seq-Write
CSSD-S6T128NHG6Q 128GB 530MB/s 490MB/s
CSSD-S6T256NHG6Q 256GB 530MB/s 490MB/s
CSSD-S6T512NHG6Q 512GB 530MB/s 500MB/s
スポンサーリンク

まとめ

S6TNHG5Qシリーズはほとんど在庫がありませんし、S6TNHG6Qを買うのが普通でしょう。
PlextorのM6シリーズを待つのも手ですが。(2014/04/05に発売されました)
Plextor M6シリーズ SSDが発売

S6TNHG6Qシリーズのアドバンテージは、購入者特典としてSSD TURBO BOOSTがバンドルされていること。

SSD TURBO BOOSTって何?って方は、【メチャ速】 SSD TURBO BOOSTを試してみたをお読み下さい。

常用は難しいですが最高設定にすると、下記画像のようなベンチマーク結果がでます。
スーパードライブPFB ヘビー設定 RAMDISK ベンチマーク結果

仮想通貨取引所・販売所の関連記事

仮想通貨が気になっている方は、早めにZaifbitFlyerのアカウントを作成することをオススメします。

理由は、登録してから実際に使えるようになるまでに時間がかかるから。

作成方法は別記事で解説しているので、そちらを参考にしてください。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします