お名前.comでWhois情報公開代行を設定しつつ、独自ドメインを取得する方法(2016年11月版)

お名前.comでWhois情報公開代行を設定しつつ、独自ドメインを取得する方法(手順02)

お名前.comでWhois情報公開代行を設定しつつ、独自ドメインを取得する方法を紹介します。

お名前.comでは、ドメイン取得と同時にWhois情報公開代行を申し込めば、手数料は無料です。

ドメイン取得時に申し込みをしないで(し忘れて)、後から申し込むと、980円/年かかってしまいます。

毎年980円余分に支払うのはもったいないので、よく確認をしてドメインを取得しましょう。

スポンサーリンク

お名前.comでWhois情報公開代行を設定しつつ、独自ドメインを取得する方法

1.お名前.comへ行きます。

2.取りたいドメインを検索ボックスに入力し、右側の検索ボタンをクリックします。

※キャンペーンや時期によって、検索ボックスの位置が変わる場合があります

お名前.comでWhois情報公開代行を設定しつつ、独自ドメインを取得する方法(手順02)

3.希望のドメインが空いているか表示されるので、必要なドメイン(com,netなど)にチェックを入れ、右側を確認し、料金確認へ進むをクリックします。

※不要なドメインのチェックは外してください

お名前.comでWhois情報公開代行を設定しつつ、独自ドメインを取得する方法(手順03)

4.年数を選択(デフォルトは1年)し、Whois情報公開代行にチェックを入れます
※複数のドメインに設定する場合は、上側のWhois情報公開代行 一括チェックを使うと便利です。

初めての方は次へ進むをクリックして、個人情報などを入力してください。
以前に使ったことがある方は、IDとパスワードを入力してログインします。

下部にサーバーの選択、マイクロソフト Officeのご利用などが表示される場合もありますが、こちらは任意です。

お名前.comでWhois情報公開代行を設定しつつ、独自ドメインを取得する方法(手順04)

5.お支払い方法の選択とお申し込み内容が表示されますので、よく確認してください。
Whois情報公開代行を申し込んだ場合は、下記のように表示されます。

(例)
任意の文字列.com ~円
.com 1年登録

任意の文字列.com 0円
Whois情報公開代行

お支払い合計金額 税込~円

6.問題がなければ、規約に同意し、上記内容を申し込むボタンをクリックします。

7.申し込みの手続きが終わるまで、ブラウザやマウスの戻るボタンなどに触れずに待ちましょう。

8.手続きが終わると、お申込みが完了しました。と表示されます。

【重要・ドメイン情報認証について】と表示された場合は、登録メールアドレスにメールが届くので、本文内にあるリンクをクリックして、メールアドレスの認証を行ってください。

9.ドメイン登録の完了通知など、いくつかメールが届くので確認しましょう。
確認が終われば、ドメイン取得作業は終了です。

※この記事のスクリーンショットは、お名前.comより引用しました。

思ったこととか

一時期、Whois情報公開代行の申し込み方法が分かりにくくて、申し込み損ねたことがありましたが、その時に比べるとかなり分かりやすくなっていました。

どういう経緯で現在の形になったのかは分かりませんが、改善されたのは良いことです。

個人的は、ドメインを検索した時に自動でチェックを入れるのは止めて欲しいかなと思います。

すべての選択を解除をクリックすれば、一括でチェックを外せますが、要らない一手間をかけさせられている感じです。

仮に、個人よりも企業のお客様が多くて、ドメインを一括登録する需要の方が多いのですと言われれば、仕方ないのでしょうけど。

お名前.com

お名前.comでWhois情報公開代行を設定しつつ、独自ドメインを取得する方法(手順02)

お役に立ったら、シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。