BlackBerry Priv純正ケース Slide-Out Hard Shellのレビュー

BlackBerry Priv純正ケース Slide-Out Hard Shellのパッケージ

BlackBerry Priv純正ケース Slide-Out Hard Shellのレビューをします。

Privを購入する予定・したけど、ケース選びに迷っているなんて方は、サクッとチェックしてみてください。

スポンサーリンク

BlackBerry Priv純正ケース Slide-Out Hard Shellのレビュー

BlackBerry Priv純正ケース Slide-Out Hard Shellのパッケージ

パッケージは、普通の紙です。
わたしのは少しつぶれて届きました。

BlackBerry Priv純正ケース Slide-Out Hard Shell本体背面側

本体裏面の様子。
カメラ用のくり抜きとロゴがあります。

BlackBerry Priv純正ケース Slide-Out Hard Shell本体表側

本体表面の様子。

BlackBerry Priv純正ケース Slide-Out Hard Shellの取り付け方01

ケース本体を2つの部品に分けて、背面側から取り付けていきます。
ここでのポイントは、向かって右サイドのボタン(3つ)がきちんと飛び出すように、Privを取り付けることです。

当たりが悪いと、ケースを取り付け直すことになります。

BlackBerry Priv純正ケース Slide-Out Hard Shellの取り付け方02

もう一つの部品(表側のカバー)を装着し、取り付けは完了です。

BlackBerry Priv純正ケース Slide-Out Hard ShellをPriv本体に取り付けた様子(右サイド)

右サイドのボタン様子。
取り付けが上手くいっていないと、3つのゴムボタンが押しにくい状態になります。

BlackBerry Priv純正ケース Slide-Out Hard ShellをPriv本体に取り付けた様子(左サイド)

左サイドのボタンの様子。
こちらは気にしなくても、押しにくくはなりませんでした。

BlackBerry Priv純正ケース Slide-Out Hard ShellをPriv本体に取り付けた様子(底面側)

底面側の様子。
MicroUSB・イヤホン端子の部分は開いているので、問題なくアクセスできます。

BlackBerry Priv純正ケース Slide-Out Hard ShellをPriv本体に取り付けた様子(上面側)

上面側の様子です。

BlackBerry Priv純正ケース Slide-Out Hard ShellをPriv本体に取り付けた様子(背面側)

背面側の様子です。
カメラ部分のくり抜きはピッタリサイズになっています。

BlackBerry Priv純正ケース Slide-Out Hard ShellをPriv本体に取り付けた様子(キーボード展開状態)

キーボードを開いた様子です。

良いところ

純正であること
BlackBerry純正なので、サイズ感はピッタリ。
また、このケースを取り付けたまま、純正ドック(スタンド)に取り付けることができるそうです。

キーボード部分も保護してくれる
BlackBerry Priv向けに販売されているサードパーティー製ケースのほとんどが本体のみの保護で、キーボード部分は考慮されていません。

それらとは違い、このケースはキーボードの両サイドもカバーされているので、安心感があります。
Pluggy Lockが取付可能
イヤホンジャックをストラップホールにするアイテム Pluggy Lockが取り付けられます。
本当にギリギリではありますが。

残念なところ

安っぽい
Priv本体背面がカーボン調なのに対して、ケースはプラスチックプラスチックしていて、かなり安っぽいです。
お高め
国内だと4000円弱ぐらいするので、ケースとしてはお高めです。
ちなみに北米だと$20弱で売られています。

思ったこととか

キーボード保護の観点から、このケースを選びましたが、まぁ満足です。

ただ、もう少し高級感がある素材を使ってほしかったなと思います。
バリエーションとしてでも良いので、カーボン調バージョンもあったらなといった感じです。