OPPO HA-1(JP)のレビュー

OPPO HA-1(JP)本体前面の様子

DAC・ヘッドホンアンプ複合機 OPPO HA-1(JP)のレビューをします。

とは言っても、耳のデキが良くないので、音質レビューについては期待しないでください。

本体色は、ブラックとシルバー(直販限定)がありますが、わたしは後者を選択。
注文時の価格は、138,942円でした。

OPPO HA-1 メーカーページ

スポンサーリンク

OPPO HA-1(JP)のレビュー

OPPO HA-1(JP)のパッケージ

パッケージサイズは、約48.5 x 38 x 19cmと結構大きめです。

OPPO HA-1(JP)のパッケージを開けた様子

パッケージを開けた様子。
製品特徴が書かれた、厚紙が入っています。

OPPO HA-1(JP)のパッケージを開けて厚紙を取った様子

厚紙を取った様子。
ここには、ユーザーマニュアルとUSBメモリ(直販限定のDSD音源)が入っていました。

OPPO HA-1(JP)の製品内容

箱から取り出した様子。
製品内容は下記。

  • 本体
  • リモコン
  • 電源ケーブル(3pinタイプ)
  • 電源ケーブルの3pinを2pinに変換するコネクタ
  • Bluetooth用アンテナ
  • 3.5mm-6.3mmステレオ変換プラグ
OPPO HA-1(JP)本体前面の様子

本体前面の様子。

OPPO HA-1(JP)本体背面の様子

本体背面の様子。

OPPO HA-1(JP)本体上面の様子

本体上面の様子。
一部分がメッシュになっています。

OPPO HA-1(JP)本体側面の様子

本体側面の様子。

OPPO HA-1(JP)本体底面の様子

本体底面の様子。
かなりの部分がメッシュ化されています。

OPPO HA-1(JP)とFostex HP-A8を並べた様子

OPPO HA-1とFostex HP-A8を並べた様子。
A8に比べるとかなり大きいことが分かります。

ちなみに、HA-1のサイズは254 x 80 x 333 mm、A8のサイズは213 x 78 x 315mmです。

良いところ

端子が豊富
端子の数がかなり多いので、大抵のものは接続できるでしょう。
到底使い切れるとは思いませんが。
楽器の音がかなりキレイ
今までボーカルでゾクッとしたことはあったのですが、HA-1に変えて、初めて楽器音でゾクッとしました。(ヘッドホンはSENNHEISER HD700)

残念なところ

結構熱くなる
天板はずっと触っていられない位には熱くなります。
触る機会も少ないですし、HP-A8も結構熱くなったので、気にはなりませんが。

ちなみに前面のボリューム・ソース選択用ツマミも少し暖かいです。
消費電力は大きめ
消費電力を計測したところ、35~36Wあたりでした。(スペック上は70W)
HP-A8は15~16W程度で動いていたので、消費電力は大きいと感じます。

コストパフォーマンスについて

HP-A8が5万円台で買えることを考えると、HA-1のコストパフォーマンスが良いとは言えません。
HA-1はA8の倍以上の値段ですが、音質が2倍なわけではありませんし。

キャッシュバックキャンペーン

2016/08/01~2016/08/31まで、25,000円のキャッシュバックが行われています。
詳細については、キャンペーンページをご確認ください。

注意点

USBケーブルは付属しませんので、必要な場合は別途購入してください。
わたしは、以前買ったBelkin オーディオ用 USBケーブル 3m Gold Seriesを使いまわしています。

思ったこととか

当初、HP-A8からの乗り換え先(アップグレード先)として、TEAC UD-503を検討していたのですが、キャッシュバックキャンペーンがあったので、HA-1を選びました。

その結果、音質には満足していますし、買って良かったです。

あとは来月にbeyerdynamic T 5 p 2nd Generationを買って、バランス化もして、楽しみたいと思っています。

自分がオーディオ沼に浸かりつつあることは自覚しているので、T5p 2nd + バランス化でスパイラルが終了してくれることを願っています。

OPPO HA-1(JP)本体前面の様子

お役に立ったら、シェアをお願いします

2 件のコメント

  • 自分もHA-1を最近購入して使用してます。自分のバカ耳じゃ音質の違いとかぜんぜん分かりませんでしたが…
    25000円のキャッシュバックの件ははじめて知りました!ギリギリ8月に買ってて良かったw
    ここのレビューが無ければ気付かなかったかも…

    • 25,000円はかなり大きいですから、気付きのきっかけになって良かったです。

      わたしも残念耳なので、音質については多くを語れません。
      高音がどうとか、中音がどうとかを言語化できる人はスゴイと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    九荻 新

    1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。