NVIDIAがPascal世代のTITAN Xを発表

Pascal世代のTITAN X本体

NVIDIAがPascal世代のTITAN Xを発表しました。

価格は$1200(約127,368円)で、欧州、北米は8月2日にTITAN X Productページにて販売される予定です。
※アジアはそれより遅れる模様

NVIDIA TITAN X (Pascal)のスペック
CUDA Cores3584
クロック(ブーストクロック)1417MHz(1531MHz)
メモリ12GB GDDR5X (384bit)
消費電力250W
推奨電源容量600W
スロット占有2スロット
出力端子DP 1.4 x3,HDMI 2.0b,Dual Link-DVI
補助電源8pin + 6pin

※この記事のアイキャッチ画像は、geforce.comより引用しました

スポンサーリンク

思ったこととか

GTX 1080が届いてから、1ヶ月もしないうちに発売されるとは思いもしませんでした。

GTX 1080でしばらく遊んで、Pascal TITAN Xに行こうと思っていましたが、懐が寂しいので、当面は様子見することになりそうです。

それにしても、HBM2ではなく、GDDR5X採用というのは少しがっかりしました。
AMDのVEGAにはHBM2が搭載されるようですが、NVIDIAはVolta世代からになるのでしょうかね?

追記

2016/07/24追記
どうやら、Pascal TITAN XはNVIDIA.comのみの販売となるようです。

EVGAプロダクトマネージャーのJacob氏がフォーラムで、下記の発言をしています。
The new TITAN X will only be NVIDIA only and only available from NVIDIA.com.

この書き方から察するに、EVGA製TITAN X(Pascal)は出ないということなのでしょう。
EVGA製のものが発売されるのであれば、数ヶ月遅れでも購入しようと考えていたので残念です。

こうなったら、GTX 1080 Tiの発売に期待するほかありません。
今のところ、発売予定があるのかすら分かりませんが。