EVGA SuperNOVA 1000 T2のレビュー

EVGA SuperNOVA 1000 T2のパッケージ

80 PLUS Titanium認証電源 EVGA SuperNOVA 1000 T2のレビューをします。

EVGA製電源の購入を考えている方は、さくっと読んでいってください。

まずはスペック紹介から始めます。

型番220-T2-1000-X1
出力1000W(100 – 240 VAC, 15A, 50 – 60 Hz)
80 PLUS認証Titanium
日本製コンデンサ100%
搭載ファン140mm
サイズ85mm (H) x 150mm (W) x 180mm (L)
保証10年間

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

EVGA SuperNOVA 1000 T2のレビュー

EVGA SuperNOVA 1000 T2のパッケージ(取っ手部分)

パッケージは取っ手付き。
画像には写っていませんが、この面にシリアルナンバーのシールが付いています。

EVGA SuperNOVA 1000 T2のパッケージを開けた様子

パッケージを開けた様子。
キレイに収まっています。

EVGA SuperNOVA 1000 T2の製品内容

製品内容は下記。

  • 電源本体 + 袋
  • ケーブル類 + 袋
  • ACケーブル
  • 取扱説明書
  • ねじ
  • 電源単独起動用の24pinコネクタ
  • 結束用マジックテープ
EVGA SuperNOVA 1000 T2の表側(ファン側)

電源の14cmファン側。
右下の黒シールを剥がすと保証が切れるので注意しましょう。

EVGA SuperNOVA 1000 T2のコネクタ側

ケーブルはオールプラグイン(フルモジュラー)です。
この画像の場合、上側(ECOスイッチ側)にファンがあります。

EVGA SuperNOVA 1000 T2の背面側(ACケーブル接続口)

本体背面の様子。

EVGA SuperNOVA 1000 T2の側面

本体サイドは両方とも、出力仕様が記載されています。

EVGA SuperNOVA 1000 T2の裏側

本体裏側には型番とシリアルナンバーなどが記載されています。

良いところ

10年保証
同じ電源を10年使うかは怪しいところですが、保証が長いというのは良いことです。
本体長が短め
大容量電源の割にコンパクト(18cm)です。
大きいとケース内作業がしにくくなったりするので、これは利点でしょう。

ちなみにSuperNOVA 1000 P2(1000W Platinum認証電源)は、長さが20cmあります。
EPSケーブルが長い
大きなPCケースを使っていると、EPSケーブルが届かないこともありますが、同製品は75cmもあるので安心です。

大型ケース Thermaltake Core W100でも、問題ありません。
※Core WP100で下部に電源を設置した場合は届かないかも。
選択肢が広がる
価格.comに掲載されている(販売中)のTitanium認証電源は、現状8製品しかありません。

EVGAでは、750W、850W、1000Wの3製品がラインナップされているので、選択肢が広がります。
※1600Wもありますが、115 – 240 VAC対応。

残念なところ

SATA電源ケーブルがキツめ
本当に刺さるのかと感じるぐらい、SATA電源コネクタがキツいです。
接続の際は、SATA端子を破損しないように注意しましょう。
処理が甘いところがある
接着剤が大胆にはみ出ているのは、気持ち良いものではありません。
それなりの価格なのだから、もう少し処理に気を使って欲しいです。
下記画像は24pinケーブルのもの。

EVGA SuperNOVA 1000 T2のケーブルの処理が甘い箇所(24pinケーブル)

OEM元について

同製品はSuperFlowerのOEMです。
シリーズや電源容量によって、OEM元は変わります。

どこのOEM製品か知りたい方は、EVGA PSU OEMなどをキーワードに検索すると良いでしょう。

ACケーブルについて

サンワサプライ KB-D3315A(上側)とEVGA SuperNOVA 1000 T2の付属ACケーブル(下側)

付属しているACケーブルは3pinタイプです。(画像下側のケーブルが付属品)
その為、日本国内で使うには、3pinに対応した電源タップや2pinタイプのACケーブルが必要となります。

わたしは、15A 1500Wに対応したサンワサプライ KB-D3315Aを購入しました。
amazonで探すと、もっと安いACケーブルもありますが、7A 700Wまでしか対応してなかったりするので注意が必要です

購入について

日本国内では取り扱いがないので、購入は個人輸入頼みです。
わたしはamazon.com(米尼)で注文しました。

購入手順については、下記記事で解説しているので参考にしてください。
EVGA製品をamazon.com(アメリカ)で購入・個人輸入する方法

注文総額(内訳)

商品価格:$242.99
配送料(一番早い配送方法):$50.59
デポジット(消費税の前払い):$23.49
合計:$317.07

わたしのクレジットカードでは、33,789円の請求となりました。
後からデポジットの過払い分は戻ってくるので、もう少し安くなるかと思います。

思ったこととか

どうしてもTitanium認証電源が欲しかったので同製品(T2シリーズ)を選びましたが、最上位認証なのでちょっとお高めでした。

数年は買い替えないでしょうから、まぁ満足しています。

もし、PlatinumやGold認証電源の購入を検討しているなら、EVGA電源の他シリーズ製品をチェックすることをオススメします。

特に、P2・G2シリーズは保証が10年と長く、値段もTitaniumより安いので、お得です。

EVGA関連の主要記事

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。